金融・コンサル業界情報

戦略コンサル業界の現状

戦略コンサル業界の現状

かつては、欧米で開発された問題解決の手法をセールスポイントとしていた戦略コンサルティングファームですが、近年は、顧客企業側に戦略コンサルティングファームに仕事を依頼する経験が蓄積されてきて、上手に戦略コンサルティングファームを使いこなすノウハウが付いてきています。
また、コンサルティングスキルを指導するビジネススクールが人気を博したり、関連するビジネス書籍が容易に入手できるようになったことで、多くのビジネスマンが『MECE』『ロジックツリー』『フレームワーク』『ゼロベース思考』など戦略コンサルティングの基本的な知識や概念を習得するようになっています。
さらに、戦略コンサルティングファームを経たコンサルタントOBが、顧客側である事業法人やファンドなどの経営層・中枢本部のスタッフポジションに転職したり、独立・起業して小規模なブティック型のコンサルティングファームを設立することも増えてきており、顧客側の要求水準は以前よりも高くなっています。
したがって、以前のようなゼネラルな問題解決手法などのみをセールスポイントとしても、ビジネスにはなりにくくなってきており、コンサルティングプロジェクトの結果、実際にどんな成果をもたらすのかがより厳しく問われるようになっています。
この結果、結果が数字として見えるようなプロジェクト、あるいは自社では全く未経験で外部に頼るしかないプロジェクトなど、難易度が高くかつ特殊な局面で選択的にコンサルティング会社が使い分けられるようになってきています。

◆成果が直接的に数字に表れやすいコスト削減やBPRといったプロジェクト

◆現在は少ないですが、数年前には多く見られた投資ファンドによる企業買収などの際のビジネスデューデリジェンスや事業再生系のプロジェクト

◆(特にグローバルファームでは)グローバル化に伴う市場調査・提携先候補探し・進出プラン策定・実行支援・組織作り等のプロジェクト

などが、昨今多いプロジェクトと言えるでしょう。

presented by KOTORA

戦略コンサルタントになることで何が得られるか?

一般に戦略コンサルタントは激務と言われており、ハードワークでプレッシャーも強い職業ですが、コンサルタントたちは何を目指しているのでしょうか?何を得ようとしているのでしょうか?モチベーションの源は何なのでしょうか?

◆顧客指向を徹底し、感謝されることでの自己実現

・コンサルティング会社では、あらゆる場面で顧客指向を徹底することが求められており、顧客の利益に反するときにはたとえ顧客側のキーパーソンの意思であっても、反対意見を述べることが奨励されます。
・また、コンサルタントは自分の提供する付加価値によって顧客から感謝され、それが次のより高い付加価値への糧になる、というプロセスにやりがいを持っています。この高いレベルで自己実現が、モチベーションの源泉となっています。

◆ビジネスで求められる人材であり続ける能力が身に付く

・グローバルな視野や経験が得られます。
・ハイプレッシャーな激務をこなす中で、自分の成長ポテンシャルを最大限に試し、伸ばす機会が得られます。
・どのような分野でも通用するビジネススキル(論理的な思考能力、発想力、着眼点、プレゼンテーションスキル、ネゴシエーションスキルなど)を磨くことが出来ます。
・多種多様なクライアントのプロジェクトに携わることで、横断的な知識や経験が得られ、未知の分野や業界であっても適応して価値を発揮出来るようになります。
・ファームの同僚や先輩・後輩が様々な業界に「卒業」したり、起業する人材も多いため、他業界にはない広がりのある人脈が得られます。

presented by KOTORA

戦略コンサルティングファームの組織の特徴

戦略コンサルティングファームは数十人~最大でも二百人程度と、少数精鋭の組織体制です。一般的な企業のように営業部署は存在せず、パートナーやプリンシパルと呼ばれるポジションがクライアント開拓を行います。 クライアントからプロジェクトの依頼を受けたパートナーは、社内のコンサルタントを集めてチームを編成し、プロジェクトを遂行します。プロジェクトチームは、フルタイムでプロジェクトにアラインするマネージャーとコンサルタント、アナリストが4-5名入ることが通常で、クライアント企業の側からメンバーが加わることもあります。
このようにプロジェクト単位で業務を行うという性質上、一般企業のように固定の部署で固定の業務を続けることはなく、あるプロジェクトが終了した後は、また別のプロジェクトへアサインされるといった就業形態を取ります。 ITコンサルのように、担当する業界によって明確に部署が分かれているわけではありませんが、アサインメントによって得意とする業界が定まってくることがほとんどです。

presented by KOTORA

戦略コンサルの仕事の内容株式会社コトラ

企業の全社戦略や、組織、事業開発、M&A、マーケティングなど、企業経営のトップレベルに関わるコンサルティングが戦略コンサルティングファームの主な業務です。金融、通信、製造業、医療、商社、サービス業など多岐にわたる業種をクライアントとしていますが、基本的には大企業の顧客が多く、またファームによって得意な業界がわかれています。
全社戦略や部門戦略などの戦略立案プロジェクト以外にも、コスト削減プロジェクトの遂行やオペレーションの支援等のプロジェクトを行うこともあり、また、近年ではファンドがクライアントとなって投資先企業のビジネスデューデリジェンスを依頼するようなプロジェクトも見られました。
事例)

◆国内トップの大手小売業がアジアに進出する際の市場ターゲティングと進出プラン、提携先候補選定のプロジェクト

◆大手総合商社がグループ企業の一社を建て直すか売却するかの意思決定をサポートするプロジェクト

presented by KOTORA

戦略コンサルティングファームに転職するには

<求められる人材・選考過程>
戦略コンサルティングファームは新卒採用も行っていますが、経営戦略をコンサルティングするため、事業会社で経営企画等に携わっていた人材を中途で採用しています。採用の基準は主にロジカルシンキング、問題解決力、地頭の良さ、コミュニケーション力、及び過去の実績・経験等です。

戦略コンサルティングファームというと、頭の良さやロジカルシンキングを重視するという面ばかりが強調されますが、クライアントに常駐してプロジェクトを遂行することが多いため、現場と摩擦を起こさずにプロジェクトを進めていくコミュニケーション力が非常に重要です。

海外トップスクールのMBAがあれば書類選考時には有利に働きますが、上述のような能力・スキルをもとに採用の判定が行われるため、トップスクールのMBAが戦略コンサルティングファームへの入社を約束するものではありません。また、東大、京大、東工大、慶応など有名大学卒に偏る傾向もありますが、決して学歴重視というわけではなく、こうした厳しい選考過程を経て、結果としてそのような大学卒の人材が多く集まったというだけです。

選考では、論理力・問題解決スピードなどを求められる筆記試験、ロジカルシンキング・即応力及び総合的な能力を問うケース面接など、独特なステップを乗り越えていく必要があります。ロジカルシンキング力を見られるということだけがフォーカスされがちですが、それと共にコミュニケーションやプレゼンテーションの高さも見られており、どのような状況下においても冷静にコミュニケーションをとり、課題を解決していくという高度な能力が求められています。



<ケース面接において重要なフレームワーク>
・フェルミ推定
・MECE
・ピラミッドストラクチャー
・ロジックツリー

<ケース面接対策に役立つ書籍>

presented by KOTORA

コトラ スペシャルインタビュー INDEX

  • フューチャーアーキテクト株式会社 企業インタビュー

    日本におけるITコンサルティングの先駆者、フューチャーアーキテクト株式会社。現在経済界での活躍も著しいCEO 金丸恭文氏が1989年に設立し、お客様の未来価値向上をゴールに据えたグランドデザインから開発、運用に至るまでを確かな技術力を背景に一気通貫でコンサルティングするスタイルをもって、成長を続けてきた... 続きを読む

  • スカイライト コンサルティング株式会社 企業インタビュー

    2000年にアンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)出身のマネジャー6名が立ち上げたスカイライトコンサルティング。戦略立案から実行まで総合的に支援を行い、クライアントとともに実現していくコンサルティングで顧客リピート率8割を誇る。その創業メンバーである取締役梅田氏に話を伺った。 続きを読む

  • プライスウォーターハウスクーパース(PwC) 企業インタビュー

    世界157カ国に18万人のスタッフ――。
    1998年、プライス・ウオーターハウスとクーパース&ライブランドが合併したことで、世界最大級のプロフェッショナルサービスファーム・プライスウォーターハウスクーパースが誕生した。監査、税務、コンサルティング、ディールアドバイザリーなどのサービスをグローバルに展開するプライスウォーターハウスクーパースは、2013年決算において... 続きを読む

  • PwCあらた監査法人 企業インタビュー

    企業を取り巻く環境変化のスピードや激しさが増す中、ガバナンスやリスクマネジメントに対する意識は一段と高まっている。PwCグローバルの戦略分野として注目されている、PwCあらた監査法人リスクアシュアランス部門SPA(System and Process Assurance)。監査を主とするアシュアランス業務に加え、企業の本質的な価値の向上のために... 続きを読む

  • 経営共創基盤(IGPI)企業インタビュー

    経営者の方にとって、真に使い勝手のいいプロフェッショナルファームを創りたい。2007年4月に産業再生機構のメンバーを中心に設立された、㈱経営共創基盤(IGPI)経営に必要な専門分野を統合したプロフェッショナルサービスを提供する、ハンズオンにこだわり、コンサルティング・アドバイザリー機能だけではなく投資・経営機能を兼ね備え... 続きを読む

  • 経営共創基盤(IGPI)企業インタビュー

    大航海時代の『冒険家』のように枠を超えた、プロフェッショナルになろう。2007年4月に産業再生機構のメンバーを中心に設立された ㈱経営共創基盤(IGPI)経営に必要な専門分野を統合したプロフェッショナルサービスを提供する、ハンズオンにこだわり、コンサルティング・アドバイザリー機能だけではなく投資・経営機能を兼ね備えている... 続きを読む

  • アリックスパートナーズ 企業インタビュー

    1981年にアメリカ・デトロイトで設立されたアリックスパートナーズ。有事に際した企業の『暫定経営陣』として入り、改革を実行するという、いわゆる戦略ファームとは一線を画するスタイルで、エンロンやGMの再生を担い、企業再生のエキスパート集団として世界に名を轟かせている。そのアリックスパートナーズの東京オフィスが今、新たな... 続きを読む

  • フロンティア・マネジメント企業インタビュー

    フロンティア・マネジメント株式会社は、『経営コンサルティング』 『M&A』 『事業再生』という3つの領域にまたがるビジネスソリューションをワンストップで提供するプロフェッショナルファームとして、創業以来成長を続けている。企業の価値を高めるために、複数の専門領域を包括したソリューションを提供するという新たなビジネスモデルを... 続きを読む

presented by KOTORA

その他の業界情報

  • 投資銀行業界

    投資銀行の現状や特徴、業務の流れなど、投資銀行業界について詳しくご説明致します。ファンドが主導して きたM&Aに事業会社が参戦し始め、投資銀行業界はどう動いていくのでしょうか。

  • 不動産金融業界

    なぜ今、不動産金融ビジネスなのか、不動産金融ビジネスにどのような期待が集まるのか、 不動産証券化の の流れとは、どんな人材が求められるのか、などについて詳しくご説明致します。

  • 保険業界

    保険業界の変遷と、ALMやソルベンシーⅡなどリスクマネジメントの最前線、アクチュアリーの活躍の場など、 保険業界について詳しくご説明致します。

  • アセットマネジメント業界

    各国の大規模な金融緩和・低金利政策で、大量の低金利の資金が市場に流入し、資産運用業務がフォーカスされ、そのため人材ニーズが拡大しています。 アセットマネジメント投資信託業務では、2014年1月にNISAがスタートし、投資信託への新規資金導入を促すための、商品開発業務・ホールセラー・販売用資料作成業務を始め多数の新規ポジションが増加しています。

  • フィンテック(FinTech)業界

    昨今、フィンテック(FinTech)という言葉が日本で急速に注目を集めています。もともとは海外で生まれた造語(Financial + Technology)ですが、歴史を遡れば昔から金融とテクノロジーは金融業界では密接な関係にあります。

  • 戦略コンサル業界の動向

    戦略コンサル業界の現状、組織の特徴、プロジェクト内容、転職時に求められる人材要件、選考過程、ケース面接対策などを詳しくご説明致します。

  • ITコンサル業界の動向

    ITコンサルタント業界について、IT社会とITコンサルタント、活動領域、プロジェクトの役割、価値観とスキル、キャリアパス、ITコンサルティングファームの強みなどを詳しくご説明致します。

presented by KOTORA
 

ページの先頭へ戻る

→ 転職支援サービス(無料)に登録する