戦略コンサルタントの仕事・役割・必要なスキル・年収とは

戦略コンサルタントの仕事・役割・必要なスキル・年収とは

戦略コンサルタントとして活躍する人は、どのようなキャリア・経験を持っているのでしょうか?
具体的には、以下のような経験を持つ人が「戦略コンサルタント」に転職しています。

・コンサルティングファームの戦略部門での経験者
・投資銀行や監査法人などのアドバイザリーファームでの経験者
・事業会社での経営企画・事業企画の経験者

戦略コンサルタントは、勿論クライアント企業の経営層との接点があるため、社会人としての経験値も問われます。よって、新卒よりも社会人経験のある既卒が有利な市場と言えるでしょう。
戦略系コンサルティングファームでの選考過程では、筆記試験・ケース面接を経て採用となります。採用されてから約2年間は、戦略コンサルタントとしての思考プロセスや行動パターンをみっちり学ぶつもりで臨みましょう。
本記事では、戦略コンサルタントの仕事や役割について解説し、転職活動に役立つ情報をお伝えいたします。
※戦略コンサルタントへの転職希望の方は、ぜひお読みください。

戦略コンサルタントの仕事内容

戦略コンサルタントとは、企業の経営層に対して、事業計画や新規事業立案などの相談を受け、提案をおこなう仕事です。企業の全体的な経営方針に関することから、会計・人事といった専門的な分野まで、範囲と専門性については様々です。
クライアントへインタビューをおこない、仮設を立て、最適な提案を検討することが仕事となります。仮説⇒検証⇒提案、クライアントとの議論の繰り返しにより企業の方向性を決めていくことが、価値の高い仕事となります。
「仮説⇒検証⇒提案」の中で、論理的思考(ロジカルシンキング)、情報収集能力、分析能力を駆使します。また、クライアントへの提案書をいかにビジュアル的に美しく仕上げるかということも価値となります。

戦略コンサルタントのキャリア

戦略コンサルタントの場合、「同じファームにてパートナーまで昇進する」「起業する」「別のファームへ転職する」「他職種に転職する」など幾つかのパターンがあります。
採用するファーム側としては、極めて優秀な人材には、パートナーになり、経営に参画して欲しいという思いがあります。ファームの中では「Up or Out(昇進しなければ去る)」という言葉があるほど、過酷な世界です。それゆえ、昇進してパートナーになることはとても難しいことになります。
一方で、一部の人は、戦略コンサルタントで培ったスキルや人脈を活かして、10年以内に起業することを前提にファームへ就職する方もいます。
「別のファームに転職する」「他の職種に転職する」ケースは、昇進のタイミングがそぐわなかった場合やヘッドハンティングによる引き抜きの場合があります。
多くの企業にとって「戦略立案ができる人材」を確保することは、強力な戦力となるため様々な企業からの引き合いが強いのも事実です。

戦略コンサルタントに必要なスキル・資格

戦略コンサルタントに必要なスキルは、何よりも「思考」です。
巷では「地頭力」の高い人が戦略コンサルタントに適していると言われますが、事実(ファクト)を捉えて推論する力があることが重要です。
推論から仮説立てをおこない、データを収集・分析後、検証するプロセスをコツコツとやり遂げる能力と体力が必要となります。
ロジカルシンキングをベースに、ビジネスで用いられる分析や問題解決のフレームワークを一通り知っておくと仕事を進める上で役立つでしょう。
ドキュメントの作成時には、Excel関数やマクロを駆使し美しい提案書に仕上げるスキルも必要となります。それらの能力は、OJTなどで培わうことも可能です。
公認会計士・税理士・中小企業診断士の資格を持っていれば、クライアント企業に安心感をもって頂けますが、必ずしも必要ではありません。
そして、クライアントとのコミュニケーションを円滑にできる人間力が必要となってきます。相手の話を聞き論点を整理することが、価値の高い仕事に繋がっていきます。

・オススメ記事:コンサルタントに転職するために必要なスキル3選【未経験者必見】

戦略コンサルタントの年収・給与

年収はスキルや経験によって大きく幅がありますが、ITや人事コンサルタントと比べて高い水準になっています。ファームに入社して5年以内で年収1,000万円を超える人も多くいます。また、リーダークラスになると、年収2,000万円クラスの人もいます。パートナークラスになると、億単位の年収の人もいます。
背景のひとつには、過酷なケース(プロジェクト)環境があります。場合によっては、休日出勤や長時間労働は当然となることもあります。
戦略コンサルタントの価値は、クライアントからのリピート案件の依頼があることです。クライアントからの信頼を得るために、努力と労力を惜しまない傾向があります。
パートナークラスは、案件提案時は先行投資という側面も含めリスクを引き受ける場合があります。高収入には上記のような事情があるようです。

戦略コンサルティングファーム

戦略コンサルティングファームとして有名なのが、マッキンゼーボストンコンサルティンググループ、ベイン、ATカーニーなどです。
アクセンチュアデロイトトーマツコンサルティングといった、総合系コンサルティングファームにもストラテジー部門があります。
戦略コンサルティングファームは外資系が多いのが特徴で、パートナーのバックグラウンドや会社の風土も知っておくと良いでしょう。

戦略コンサルタントへの転職をお考えのあなたに

コトラのコンサルタントの多くは、各業界の出身者で構成されていることが特徴です。そのため、あなたの経歴をよく理解した上でキャリアコンサルティングを行うことができます。ヒアリングと通じた経験や強みの棚卸しから、適切な案件(キャリアプラン)の提案、面接対策までを、業界出身者という立場から支援させていただきます。まずはお気軽にご相談ください。

戦略コンサルタントの具体的なポジションを探す

コンサルタントへの転職相談会
日時 転職支援サービスにお申込み後、個別に日程を調整いたします。面談のお時間は一時間程度を想定しております。
※平日の夜、土日祝日等の日程も承っております。お気軽にお申し込みください。
場所 弊社オフィス:東京都港区赤坂1-7-19 キャピタル赤坂ビル2階
※お電話での対応も受け付けております。
アクセス 銀座線・南北線「溜池山王」駅 13番・14番出口徒歩30秒
南北線「六本木一丁目」駅 徒歩6分
千代田線・丸の内線「国会議事堂前」駅 徒歩8分
千代田線「赤坂」駅 徒歩8分
日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」徒歩9分
日比谷線「神谷町」駅 徒歩10分
銀座線「虎ノ門」駅 徒歩10分
対象者 コンサルタント職に興味をお持ちの方。
※業界を熟知した、弊社転職コンサルタントが対応いたします。
費用 無料

オススメ記事の一覧

戦略系コンサル経験からサステナビリティ・ESGコンサルタントへ
企業再生(事業再生)コンサルタントとは?【徹底解説】
メガベンチャーとは?働くメリットと代表企業一覧
【ファンド投資先への転職】経営幹部・経営企画になるための方法
コンサルタントに転職するために必要なスキル3選【未経験者必見】

コトラの転職支援サービス

「自分のニーズや希望を伝えて、コンサルタントに相談したい」
「ジョブマーケットの最新の動向、個別企業の状況を詳しく聞きたい」


コトラでは、転職を希望する皆さまに、 転職支援サービスをご提供しております。
応募から面接、入社までのプロセスを徹底的にお手伝いいたします。
まずはお気軽にご相談ください。

コンサルカテゴリの最新記事