面接成功のポイント

面接を成功させるポイントは、「入社後にあなたが会社で活躍している姿を面接官が想像できるか」ということにあります。
このことを踏まえ準備と対策を進めることが面接成功に向けて重要であり、本記事ではその具体的な内容について解説します。
また、準備のうえで面接当日は「面接とは相互理解を深めるものである」という目的を忘れず、リラックスし、正直に、面接を楽しむことが大切です。

入社後に活躍する姿を知るための頻出質問

面接官にとっての最大の関心は、入社後にあなたに活躍していただけるか否かです。では面接官はどのように活躍の可能性を判断するのでしょうか?

何ができるのか

1つ目のポイントはズバリ、「何ができるのか」ということです。具体的には、これまでの【実績】に関する質問が最大のポイントとなります。これまでの実績に関する質問をすることにより、面接官は活躍の可能性を確認していきます。実績に関する質問は、例えば以下のようなものです。

質問例

1.これまでにどのようなことを達成してきましたか。

(最近達成したことを選び、それに活かした自分のスキルや、達成の結果もたらされた利益も説明します。)

2.これまでの職務経歴に満足していますか。

(出来る限り肯定的に、未来に繋がるように答えましょう。)

3.これまでに直面した難しい問題にどう取り組んだのか説明してください。

(貴方にとって 「困難」 とはどういうものなのか、また解決のために論理的なアプローチを示せるかを見ています。)

志望動機においても、「何ができるのか」という点が肝となります。

キャリア採用では、ビジネスを進めるための人材を採用することが基本の考えとなるためです。自分は何ができるのか、どのように貢献ができるのか、また貢献意欲ということをアピールしていくことが大前提となります。

何がやりたいのか

2つ目のポイントは、「何がやりたいのか」ということです。具体的には、転職理由や成し遂げたいことについての質問により、面接官はこの点を確認していきます。自分の夢と会社のやりたい方向が一致したら、それはとても大きなパワーになるので、夢を語ることは重要です。大事なのは会社のやりたいこととの接点をPRすることです。そしてその夢を自分で実現できる能力があることをPRすることです。

あなたが転職を決意したのは何のためでしょうか?
実際には様々な理由が絡み合っている方がほとんどで、なかなか一言で言い表しづらいのではないかと思います。しかし、「今の会社では自分のやりたいことが成し遂げられない」という想いは、すべての方に共通しているのではないでしょうか。

「CxOを目指したいが、このままではそれが実現できるとは思えない」「上が詰まっていてなかなかマネジメント職に就けない」など、今のままでは、自分の希望を実現することができないという現実と希望の葛藤が、転職を考えさせる大きな理由ではないでしょうか。

転職理由とやりたいことをセットで考え、面接官に伝えていくことで、転職への意気込みが伝わるとともに、前向きに活躍いただける姿が、面接官の頭の中でイメージできていくはずです。

企業・業界の研究、ポジションの研究で評価アップ

自分に関する準備(=自分を知る)に関してこれまで述べてきましたが、相手を知ることもとても重要です。面接官も人ですので、関心を持って、きちんと調べてくる人には、好感を持つものです。事前の企業・業界研究は、自発性や調査能力、理解力、熱意などをアピールするために役立ちます。

また、ポジションについても研究し、職務内容も分析しておくことで。スキルや経験を応募条件に関連付けて説明ができるようになります。

コトラは、業界経験豊富なコンサルタントを擁していることを強みとしていますので、企業・業界の研究、ポジションの研究に関して、コトラのコンサルタントに相談し、知見をぜひ有効に利用ください!

コトラへの登録で、面接質問集をシェアします

面接成功のためのノウハウとして、面接の準備と対策の考え方について述べてきましたが、コトラでは、具体的な面接の質問例や回答のポイントなど、具体的にまとめた【面接質問集】を作成しています。

ご登録の方には、面接質問集を共有しますので、ぜひご登録ください。また、コンサルタントが相談相手となり、転職の成功に導きます。まずはお気軽にご相談ください。

面接質問集をダウンロードする

ハイクラス人材の転職ならコトラ

ハイクラス人材の転職ならコトラにお任せください。各業界出身者のコンサルタントがあなたの転職活動を支援します

ケース問題集100選をプレゼント

2021年上半期に出たケース問題をまとめた「ケース問題集100選」を質問にお答えいただいた全員にプレゼントします。

中途・新卒問わず、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人

宮崎達哉

信州大学工学部卒、ゼネコンでの施工管理者を経験した後、三重県庁にて産業政策の企画・運営業務に従事。県庁在籍中に、経済産業省資源エネルギー庁及びNEDOにてエネルギー政策に係る新規事業立案や規制・制度の合理化に従事。デロイトトーマツグループでの地方創生及び教育分野のコンサルティング業務を経て現職。
【担当業界 】ESG/サステナビリティ領域、シンクタンク、コンサルティングファーム、監査法人、パブリックセクター、教育、経営層、管理系人材、技術者