金融・コンサル業界情報

MCR (所要最小資本)

MCR (所要最小資本)

MCR(Minimum Capital Requirement: 所要最小資本)

保険債務に対する3種類の準備金のうちの1つで、最終通告としての役割を果たし、この水準を下回ると監督機関によって認可が取り消される場合もある。

MCRを充足するのに十分な自己の利用可能原資を維持することができない場合には、直ちに監督当局に通知する必要があり、また、3カ月以内にMCRの充足を回復できることを示す回復計画を、1カ月以内に提出することが要求される。適切な計画を提出できない場合には、認可が取り消される結果となる。

MCRの計算は、以下の線形フォーミュラ(Linear Formula)によって求められる金額を基礎とし、SCRの25%を下限、45%を上限として算出する。さらに保険会社の性質によって決まる一定金額の下限が設定されている。

<MCRの線形フォーミュラ> 保険契約の種類や性質ごとに設定された係数を、当該区分の契約に係る技術的準備金に乗じた金額の合計を基礎として計算する。損害保険やその再保険の場合は保険種類ごとに設定された係数を、当該区分の契約に係る計上保険料に乗じた金額の合計を下限とし、生命保険やその再保険の場合は上述の基礎とする金額にCAR(Capital at Risk、キャピタル・アット・リスク)を加えるなどして算出する。

>>保険リスクマネジメント関連用語一覧に戻る

presented by KOTORA

その他の用語解説

presented by KOTORA
 

ページの先頭へ戻る

→ 転職支援サービス(無料)に登録する