金融の転職、経営・コンサルの転職<コトラ HOME> > 金融・コンサル業界情報 > 戦略コンサル業界 > 考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則(バーバラ ミント (著))

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則(バーバラ ミント (著))

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

株式会社コトラ

バーバラ ミント (著), Barbara Minto (原著), 山崎 康司 (翻訳), グロービスマネジメントインスティテュート
出版社: ダイヤモンド社; 新版 (1999/03)

ビジネスにおいて論理的に考え、分かりやすく情報提供するための方法が網羅的に書かれた名著。国内外のコンサルティングファームで新人研修に用いられるなど、定評のある教科書である。 著者はハーバードでMBAを取得、マッキンゼー・アンド・カンパニーに従事した後、ピラミッド原則に則った文書作成や分析方法の指導者として独立した、ピラミッド原則の提唱者である。本書は4部構成で、書く技術、考える技術、問題解決の技術、表現の技術、をテーマとしている。内容の一部を紹介する。

【第1部 書く技術】
文書であれ口頭であれ、他人に情報を伝える時に守るべき形式として『ピラミッド構造』という考え方を提示している。『ピラミッド構造』とは、人が物事を理解するときに最も受け入れやすい、考えの並べ方のことである。

【第2部 考える技術】
著者が『実践的考えのプロセス』と呼ぶ技術を説明している。それは、第1に考える対象となる物事の論理的な構造を把握すること、次に考える対象における雑多な事象の中から本質的な考えを抜き出すこと、である。

こういった内容の本を初めて読む人にとっては、本書のような網羅的なものよりも、重要な部分に絞って書かれている本の方が取り組みやすい。

例えば、論理的に書く技術なら後 正武(著)「論理思考と発想の技術」や照屋 華子、岡田 恵子(著)「ロジカル・シンキング」、問題解決法なら大前 研一(著)「考える技術」、齋藤 嘉則(著)「問題解決プロフェッショナル」、分かりやすいプレゼンテーションの技術ならジーン ゼラズニー(著)「マッキンゼー流プレゼンテーションの技術」の方が効率よく要点を押さえられる。

これらの本を読んで核となる考え方を身に付けた後、本書で更なる知識を習得することが上達の近道となるだろう。

▽ ダイヤモンド社
「考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則」
バーバラ ミント (著), Barbara Minto (原著), 山崎 康司 (翻訳)

>>戦略コンサルの業界情報に戻る

presented by KOTORA

ページの先頭へ戻る