「気になる」に追加しました。

ボタンを押して「気になる一覧」を見ることができます。

管理会計(レポーティング)、外資系金融機関の転職求人

6

管理会計(レポーティング)の特徴

経営者や企業内部の管理者に対する情報提供を目的とします。
並び順:
全6件 1-6件目を表示中

管理会計(レポーティング)、外資系金融機関の転職求人一覧

外資系生命保険会社でのマネージメントアカウンティング&レポーティングチームマネージャー

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
応相談(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
ポジション
担当者〜
仕事内容
以下の業務を担うチームの管理監督

●クロージング業務
- 会社全体の費用における月次・四半期・年次クロージング業務と付随するコントロールの強化
- 費用に関する実績分析
- 消費税等税額計算、調整、費用に関する監査及び検査対応
- 会計規程のレビュー・更新、経理処理マニュアルのレビュー、それに関連する事項について関係各部に対するアドバイス
- 年間費用着地予測、中期計画値策定、本社レポーティング

●財務報告の方針と費用の手続き
・本社/地域の規制/地域のビジネス要件に従って、会計ポリシー/会計マスターデータ管理ポリシーを見直し、更新します。
・会計処理マニュアルの見直しと更新
・モニタリング活動を見直し、ポリシー遵守を確認

●アカウンティングアドバイザリー
・現地税の取扱いに影響を与える費用問題(消費税の適格性、法人税の利益計算の損金算入、支払いに対する源泉徴収税、消費税適格請求システムなど)および会計上の問題(前払/発生、資本化、減価償却/償却など)について、財務および非財務チームに、重要性とさまざまなGAAP要件(IFRSおよび日本基準)、特に専門的な会計および税務判断に関する事項。

●計画、予測と分析
・会社の事業環境や状況を考慮し、経費の計画に関する議論を主導、推進
・リスクと機会を含む予測を現在の計画へ反映
・事業状況や会社目標を考慮のうえ、実績、計画、予測を分析し、経営陣を含む関係者への情報や提案を提供し、コスト管理を改善

●レポーティング
・IFRSおよび日本会計基準に基づく費用情報を、保険数理上の決算および報告プロセス(費用利益計算など)へのソース入力内容の準備
・日本基準に基づく費用は、財務会計基準、規制(開示など)、各種規制機関、税務当局によって決定された特定の形式での定期報告
・レポートIFRSベースの費用結果、会社の計画とグループへの予測は、レポートと他の定期管理報告を通じて
・会社経費の状況分析、経営陣への情報提供を通じ事業投資の決定をサポート

●税金の計算と報告
・税法、規制、およびグループの要件に従い、税計算プロセス全体に貢献する経費報告書と資料の作成
・所得税、事業税、消費税、地方固定資産税、その他各種税額計算に関する費用関連事項に関する社内外との連携
・移転価格問題(主にグループ本社および関連会社からの手数料、手数料、費用配分)に必要な措置を講じる
・税法改正による必要な措置の計画と実施

●マネージメントレポーティング
経営陣やグループ本社などに対し、財務情報や会社のビジネス状況のみならず生保マーケットや業界の最新状況など財務情報に関連しない情報も含め、定量的および定性的な観点からのレポートを作成、タイムリーに提供。ステークホルダーに適切な情報を提供することで、短期・長期目標における意思決定をサポートする
- 四半期・半期・年次業績の予算比・前年同期比分析
- オランダ本社や日本における経営陣への四半期・半期・年次各種レポートの作成
- 全社中期計画・予算策定におけるリード、本社報告書作成
- その他内外における不定期レポーティング対応

【当該業務の魅力】
・他エリアの人と協業する機会が多く、どのようにビジネスが進んでいるか会社全体の動きをリアルタイムで学ぶことができる
・CEOやCFOなどの日本の経営陣や、 Group本社や別のビジネスユニット(ヨーロッパ圏)との議論や交渉をする機会があります。ダイナミックなカルチャーとビジネス環境に身を置くことでキャリアの幅と厚みを得ることができます。
・保険会社独特の会計知識を身に着くため、会計分野での専門性をさらに引き伸ばすことができる。

【将来のキャリア展望】
財務部門の中での上位ポジション

有名外資系生命保険会社でのFinancial Planning & Analysis(FP&A)Analyst

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
応相談(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
ポジション
アソシエイト
仕事内容
FP&Aでの募集です。CFOと共に戦略計画策定や主要財務業績の課題分析に貢献したい方、新しい業務にチャレンジしたい方をお待ちしています!社内の経営層だけでなく、パリ本社へのレポートも多く、会社全体のダイナミックな動きを感じながら働くことができます。また、生保だけでなく、損保も担当領域に入るため、専門分野を広げることが可能です。

● 当社の財務指標や経営指標に関する戦略計画及び予算策定
● 月次および四半期での業績等のモニタリングおよびフォアキャストに関するマネジメント・レポート作成(社内、パリ本社向け)
● アドホックのマネジメント向け分析と報告

外資系生命保険会社でのマネージメントアカウンティング&レポーティングチームマネージャー

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
応相談(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
ポジション
マネジャー
仕事内容
以下の業務を担うチームの管理監督

●クロージング業務
- 会社全体の費用における月次・四半期・年次クロージング業務と付随するコントロールの強化
- 費用に関する実績分析
- 消費税等税額計算、調整、費用に関する監査及び検査対応
- 会計規程のレビュー・更新、経理処理マニュアルのレビュー、それに関連する事項について関係各部に対するアドバイス
- 年間費用着地予測、中期計画値策定、本社レポーティング

●財務報告の方針と費用の手続き
・本社/地域の規制/地域のビジネス要件に従って、会計ポリシー/会計マスターデータ管理ポリシーを見直し、更新します。
・会計処理マニュアルの見直しと更新
・モニタリング活動を見直し、ポリシー遵守を確認

●アカウンティングアドバイザリー
・現地税の取扱いに影響を与える費用問題(消費税の適格性、法人税の利益計算の損金算入、支払いに対する源泉徴収税、消費税適格請求システムなど)および会計上の問題(前払/発生、資本化、減価償却/償却など)について、財務および非財務チームに、重要性とさまざまなGAAP要件(IFRSおよび日本基準)、特に専門的な会計および税務判断に関する事項。

●計画、予測と分析
・会社の事業環境や状況を考慮し、経費の計画に関する議論を主導、推進
・リスクと機会を含む予測を現在の計画へ反映
・事業状況や会社目標を考慮のうえ、実績、計画、予測を分析し、経営陣を含む関係者への情報や提案を提供し、コスト管理を改善

●レポーティング
・IFRSおよび日本会計基準に基づく費用情報を、保険数理上の決算および報告プロセス(費用利益計算など)へのソース入力内容の準備
・日本基準に基づく費用は、財務会計基準、規制(開示など)、各種規制機関、税務当局によって決定された特定の形式での定期報告
・レポートIFRSベースの費用結果、会社の計画とグループへの予測は、レポートと他の定期管理報告を通じて
・会社経費の状況分析、経営陣への情報提供を通じ事業投資の決定をサポート

●税金の計算と報告
・税法、規制、およびグループの要件に従い、税計算プロセス全体に貢献する経費報告書と資料の作成
・所得税、事業税、消費税、地方固定資産税、その他各種税額計算に関する費用関連事項に関する社内外との連携
・移転価格問題(主にグループ本社および関連会社からの手数料、手数料、費用配分)に必要な措置を講じる
・税法改正による必要な措置の計画と実施

●マネージメントレポーティング
経営陣や当社グループ本社などに対し、財務情報や会社のビジネス状況のみならず生保マーケットや業界の最新状況など財務情報に関連しない情報も含め、定量的および定性的な観点からのレポートを作成、タイムリーに提供。ステークホルダーに適切な情報を提供することで、短期・長期目標における意思決定をサポートする
- 四半期・半期・年次業績の予算比・前年同期比分析
- オランダ本社や日本における経営陣への四半期・半期・年次各種レポートの作成
- 全社中期計画・予算策定におけるリード、本社報告書作成
- その他内外における不定期レポーティング対応


【当該業務の魅力】
・他エリアの人と協業する機会が多く、どのようにビジネスが進んでいるか会社全体の動きをリアルタイムで学ぶことができる
・CEOやCFOなどの日本の経営陣や、当社グループのオランダ本社や別のビジネスユニット(ヨーロッパ圏)との議論や交渉をする機会があります。ダイナミックなカルチャーとビジネス環境に身を置くことでキャリアの幅と厚みを得ることができます。
・保険会社独特の会計知識を身に着くため、会計分野での専門性をさらに引き伸ばすことができる。


【将来のキャリア展望】
財務部門の中での上位ポジション

外資系損害保険会社でのAccounting Manager

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
〜1600万円
ポジション
Manager
仕事内容
・IFRSレポーティング(月次クロージング、四半期決算)
・ローカルGAAP決算(決算、監査法人連携・対応、金融庁への報告等の対応)
・税務申告書作成
・会計・経理業務 (クレジットコントロール、サスペンスクリアランス等)
・グローバルやASIAリージョンプロジェクトや取り組みの対応
・インドのオフショアチームのマネジメント
・監査対応

外資系生命保険会社でのマネージメントアカウンティング&レポーティングチームマネージャー

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
応相談(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
ポジション
マネージャー
仕事内容
【部署の説明】

ファイナンシャルコントロール&マネージメント部は主に、会計、財務・規制報告、税務、経費管理、支払業務、管理会計、経営報告、企画・分析に関する事項を担っています。

当ポジションは、マネージメントアカウンティング&レポーティングチームのマネージャーとして、主に以下の業務の管理・監督をご担当頂きます。

(1) 会社経費にかかる月次・四半期・年次決算業務
(2) 会社経費に関する外部・内部向けレポーティングの作成
(3) 会社全体・及び各部門別経費の予算策定、予実管理・分析、会社のビジネス投資における決定のサポート
(4) 全社経費の実績モニタリング、最適な経費管理と会社経営のための施策の提案
(5) 月次・四半期・年次マネージメントレポーティングの作成及び本社への報告
(6) 会社全体の中期予算計画策定のリード

【職務内容/Job Description 】

以下の業務を担うチームの管理監督
クロージング業務
- 会社全体の費用における月次・四半期・年次クロージング業務と付随するコントロールの強化
- 費用に関する実績分析
- 消費税等税額計算、調整、費用に関する監査及び検査対応
- 会計規程のレビュー・更新、経理処理マニュアルのレビュー、それに関連する事項について関係各部に対するアドバイス
- 年間費用着地予測、中期計画値策定、本社レポーティング
財務報告の方針と費用の手続き
・本社/地域の規制/地域のビジネス要件に従って、会計ポリシー/会計マスターデータ管理ポリシーを見直し、更新します。
・会計処理マニュアルの見直しと更新
・モニタリング活動を見直し、ポリシー遵守を確認
アカウンティングアドバイザリー
・現地税の取扱いに影響を与える費用問題(消費税の適格性、法人税の利益計算の損金算入、支払いに対する源泉徴収税、消費税適格請求システムなど)および会計上の問題(前払/発生、資本化、減価償却/償却など)について、財務および非財務チームに、重要性とさまざまなGAAP要件(IFRSおよび日本基準)、特に専門的な会計および税務判断に関する事項。
計画、予測と分析
・会社の事業環境や状況を考慮し、経費の計画に関する議論を主導、推進
・リスクと機会を含む予測を現在の計画へ反映
・事業状況や会社目標を考慮のうえ、実績、計画、予測を分析し、経営陣を含む関係者への情報や提案を提供し、コスト管理を改善

レポーティング
・IFRSおよび日本会計基準に基づく費用情報を、保険数理上の決算および報告プロセス(費用利益計算など)へのソース入力内容の準備
・日本基準に基づく費用は、財務会計基準、規制(開示など)、各種規制機関、税務当局によって決定された特定の形式での定期報告
・レポートIFRSベースの費用結果、会社の計画とグループへの予測は、レポートと他の定期管理報告を通じて
・会社経費の状況分析、経営陣への情報提供を通じ事業投資の決定をサポート
税金の計算と報告
・税法、規制、およびグループの要件に従い、税計算プロセス全体に貢献する経費報告書と資料の作成
・所得税、事業税、消費税、地方固定資産税、その他各種税額計算に関する費用関連事項に関する社内外との連携
・移転価格問題(主にグループ本社および関連会社からの手数料、手数料、費用配分)に必要な措置を講じる
・税法改正による必要な措置の計画と実施

マネージメントレポーティング
経営陣やグループ本社などに対し、財務情報や会社のビジネス状況のみならず生保マーケットや業界の最新状況など財務情報に関連しない情報も含め、定量的および定性的な観点からのレポートを作成、タイムリーに提供。ステークホルダーに適切な情報を提供することで、短期・長期目標における意思決定をサポートする
- 四半期・半期・年次業績の予算比・前年同期比分析
- オランダ本社や日本における経営陣への四半期・半期・年次各種レポートの作成
- 全社中期計画・予算策定におけるリード、本社報告書作成
- その他内外における不定期レポーティング対応

【当該業務の魅力】

・他エリアの人と協業する機会が多く、どのようにビジネスが進んでいるか会社全体の動きをリアルタイムで学ぶことができる
・CEOやCFOなどの日本の経営陣や、オランダ本社や別のビジネスユニット(ヨーロッパ圏)との議論や交渉をする機会があります。ダイナミックなカルチャーとビジネス環境に身を置くことでキャリアの幅と厚みを得ることができます。
・保険会社独特の会計知識を身に着くため、会計分野での専門性をさらに引き伸ばすことができる。

【将来のキャリア展望】

財務部門の中での上位ポジション

外資系大手生命保険会社での財務管理(スタッフ/予算管理担当)

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
570万円〜760万円
ポジション
担当者
仕事内容
当グループにおいて、財務管理スタッフとしてマネージャーの支援を受けながら、主に以下の業務を担当頂きます。
これまでのご経験やファイナンスの知識を活かしていただき、事業費関連のデータ分析や経営資源の最適配分等の提案をマネージャーと共にご担当頂きます。グローバルな環境でキャリアアップを目指す機会や将来のリーダーとして活躍できるスキルを身につける環境を提供します。

(1)Japan Planning & Analysis:
● 日本グループ内保険子会社の業績・収支計画に関する取りまとめ及びUS親会社への報告業務
● US親会社および日本グループ内保険子会社とのコーディネーション業務
● 子会社作成数値のレビューおよび各種会議体資料の作成

(2)事業費予算管理:
● 持株会社の事業費予算管理および日本グループ内子会社の事業費予算レビュー
● 持株会社の年間事業費予算の策定プロセスとりまとめ、予算執行の全社的管理、各種会議体資料の作成等
●日本グループ内子会社の年間事業費予算のレビュー会議運営


※ 将来的にグループ保険会社の Finance系部門へ出向し、各社業績・収支計画の策定プロセス等を経験してもらう可能性もあります。
全6件 1-6件目を表示中

管理会計(レポーティング)、外資系金融機関の求人を年収から探す