「気になる」に追加しました。

ボタンを押して「気になる一覧」を見ることができます。

マーケットビジネス、コンサルティングファームの転職求人

13

並び順:
全13件 1-13件目を表示中

マーケットビジネス、コンサルティングファームの転職求人一覧

大手コンサルティングファームでのInsuranceユニット担当

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
応相談(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
ポジション
担当者〜
仕事内容
●リサーチ
・保険ユニットコンサルタントから調査を受託、または特定分野のエキスパートとして調査・分析
・保険領域では、主に国内外の業界動向や新規事業、デジタル・トランスフォーメーション、業務変革、Insurtech等に関する調査・分析

●ナレッジマネジメント(ナレッジハブ)
・国内外コンサルから業界最新知見(Thought Leadership)/各種ナレッジを収集し、既存/潜在クライアントへ発信
・また、それらの情報資産を管理し、コンサルタントの知見向上に寄与
・プロジェクト成果物やデリバリー実績の管理

●対外発信(エミネンス)
・業界の注目テーマに関するレポート・書籍の執筆やセミナー・講演への登壇
・マクロ調査・研究・分析を通じて、社会課題に対する方針・方策の提言

資産運用コンサルタント

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
年収イメージ:〜1400万円(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
ポジション
担当者〜マネージャークラス
仕事内容
●企業年金や学校法人などの投資家に対するコンサルティング

●定期的に顧客を訪問し助言、顧客の意思決定会議に同席し助言
●その他運用に係る助言

国内ブティック系M&Aファームでのリサーチアシスタント

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
応相談(〜400万円程度)
ポジション
メンバー
仕事内容
●業務内容
・営業サポート(情報収集、書類作成、営業スタッフスケジュール調整、会議メモ作成)
・秘書業務のサポート(会長秘書業務補助、来客対応、総務業務の一部)

大手FASでのFinancial Analysis

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
年収イメージ:〜1600万円(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
ポジション
担当者〜
仕事内容
自動車業界は100年に一度の大変革期にあります。EV化の加速により産業構造が大きく変わろうとしており、OEM、サプライヤーには経営の大胆かつ迅速な変革が求められています。
今後増加すると考えられる自動車業界の再編、M&Aの実行に伴う財務デューデリジェンス、カーブアウト財務諸表の作成支援等を担っていただく人材を募集しています。

【担当業界】
モビリティ産業(自動車OEM・サプライヤー)

ファンドアナリスト(投資信託)

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
応相談(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
ポジション
担当者
仕事内容
本サービスは、投資信託等を販売する金融機関様からのご依頼に基づき、各金融機関のビジネスモデルに応じた商品ラインナップの現状分析や課題解決に向けたサポートします。
単なる情報提供にとどまらず、顧客の課題解決に寄り添うことができるため、社会的な意義を感じていただけます。
その他に、本サービスのベースとなります、投資信託の評価(定量分析および定性評価)や投信関連情報の調査、研究、対外発信等も担当頂きます。

【横浜】国内大手シンクタンクでのITアナリスト(先端技術調査/技術戦略策定)

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
年収イメージ:〜1000万円(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
ポジション
担当者〜
仕事内容
・IT動向に関して技術情報を収集し技術を俯瞰、先端技術の有望性を評価する。
・調査すべき技術テーマの選定と選定テーマに対する深堀調査を実施する。
・独自の切り口・視点・軸で調査を行い技術の見通しを示すと共に、お客様企業や当社に対する示唆・提言をレポートとしてまとめる。
・まとめた知見は事業部の依頼に基づきお客様企業を訪問、示唆・提言のご提供、当社における技術獲得戦略へのインプット、社内外のセミナや書籍として情報発信を行う。

【仕事の魅力・やりがい・キャリアパス】
・客観・公平な立場で国内外における様々な情報ソースを活用、ファクトベースの分析と自身の専門的知見に基づく洞察力を働かせて先端的な技術調査を行うことができる。
・お客様CxOクラスに対して、事業部門と協力し調査で獲得した洞察・示唆・提言をご紹介、お客様とご意見交換することができる。
・当社における技術戦略策定に貢献することができ、当社の今後の技術獲得方針に影響を与えることができる。
・社内外のメディア、書籍を通じて情報発信していくことにより、自身のプレゼンスを向上することができる。

大手監査法人でのマクロ経済エコノミスト

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
応相談(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
ポジション
S〜SSクラス
仕事内容
●マクロ経済分析予測レポート執筆、マクロ経済学活用した顧客ビジネス支援
-経済レポート執筆:担当地域(日本、米国、欧州、アジアなど)の月次経済分析予測レポート執筆とクライアント宛プレゼンテーション
-ストレスシナリオ策定:経済モデルを活用したマクロストレステストシナリオ(実体経済・金融指標)策定、ストレステスト実施支援
-マクロ経済学を活用した顧客ビジネス支援:地域の市場分析予想(住宅、消費など)、コロナやウクライナ問題に伴う経済構造変化分析など
-経済・財政政策提言(政府骨太の方針・予算への提言、地方創生策への提言など)
-エビデンスに基づく政策決定(Evidence Based Policy Making)モデルの開発・効果測定(自治体のDX導入の経済効果、医療DX導入の経済効果、個別税制改革の経済効果など)

大手シンクタンクのクオンツエンジニア

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
能力と経験を考慮の上、当社基準により個別決定(イメージ:〜1,500万円)
ポジション
経験に応じて検討
仕事内容
主に当グループ市場フロント部門向けに以下の業務を実施
・市場系金融商品関連のリサーチ、モデル・ツール開発、リスク管理、コンサルテーション業務
・HFT関連のリサーチ、データ分析、モデル・ツール・ダッシュボード・アルゴリズム開発、コンサルテーション業務
・投資、セールス&トレーディング関連の分析に関わるリサーチ、データエンジニアリング、データ分析、ダッシュボード開発、コンサルテーション業務

【急募】リサーチアナリスト◆株式市場動向の調査分析/世界の投資家ネットワークを活かした最先端のマーケット調査

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
600万円〜1000万円程度(前職考慮のうえ同社規定により決定)
ポジション
担当者〜マネージャー等
仕事内容
企業の国際競争力向上を支援するコンサルティングファーム・M&Aブティックのリサーチャーとして、海外・国内株式市場における投資動向の調査分析業務をご担当いただきます。

●業務内容
IR Japanのリサーチ業務には、機関投資家に対する情報収集と、顧客企業に対する情報提供という2つの側面があります。いずれも高度に知的な業務であり、「情報を価値に換える」ダイナミズムを体現いただける内容となっております。
<機関投資家と関わる業務>
1.国内外の機関投資家への定期訪問・ヒアリングにより、投資判断や議決権行使に関する情報を収集
2.各投資家の特性に関するデータベースに取得した情報を蓄積・管理
3.蓄積した情報をもとに、市場の動向や投資家の動向を分析・レポート作成
<顧客企業と関わる業務>
1.実質株主判明調査の分析レポート作成
2.顧客企業における効果的なIR・SR活動に向け情報提供(コンサルタントの補助的な役割)
3.プロキシーファイト(委任状争奪戦)における戦略的なアプローチについて分析・報告

金融系シンクタンクにおける研究員(PPP・インフラ、エネルギー・環境、交通・上下水道・公共施設)

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
イメージ:〜1,500万円(経験・能力を考慮し、規定に従い相談の上決定します。)
ポジション
上席主任研究員、主任研究員、副主任研究員ほか
仕事内容
ご経験・スキル・志向性を踏まえて、調査・コンサルティング業務、民間・公共向けアドバイザリーのいずれかまたは複数に従事いただきます。

●PPP・インフラ分野の調査・コンサルティング業務(特に環境・エネルギー関連):
・PPP・インフラ分野(特に環境・エネルギー関連)の新規参入または事業拡大をする民間事業者へのコンサルティング
・PPP・インフラ分野(特に環境・エネルギー関連)の政策立案を行う公共セクターへのコンサルティング
・PPP・インフラ分野全般の最新動向や個別テーマについての調査・コンサルティング
・国内外のインフラ投資市場全般についての調査・コンサルティング

●PPP・インフラ分野の調査・コンサルティング業務(特に交通・上下水道・公共施設関連):
・PPP・インフラ分野(特に交通・上下水道・公共施設関連)の新規参入または事業拡大をする民間事業者へのコンサルティング
・PPP・インフラ分野(特に交通・上下水道・公共施設関連)の政策立案を行う公共セクターへのコンサルティング
・PPP・インフラ分野全般の最新動向や個別テーマについての調査・コンサルティング
・国内外のインフラ投資市場全般についての調査・コンサルティング

●PPP/PFI、インフラ案件の民間側アドバイザリー業務:
・PPP/PFI事業への応募、インフラ案件の受注を目指す事業者などへの事業計画策定、資金調達を中心とする支援(フィナンシャル・アドバイザリー)業務を行う。

●PPP/PFI案件の公共側アドバイザリー業務:
・PPP/PFI事業を発注する国や地方自治体などの支援業務(導入可能性調査、事業者選定、モニタリングなど)を行う。

●特徴・魅力
・PPP・インフラ分野の最先端を行く行政、民間事業者等とのネットワークを構築し、専門性を高めることができます。
・PPP・インフラ分野の専門家として、長期にわたり一貫したキャリアを積み重ねることができます。

大手コンサルティング会社でのESG投資・金融・非財務情報開示(サステナブルファイナンス)分野における調査研究

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
年収イメージ:〜1000万円(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
ポジション
担当者〜
仕事内容
官公庁を中心とする様々なクライアントに対し、ESG投資・金融(サステナブルファイナンス)に関する政策研究に携わっていただく研究員を募集します。

2030年の持続可能な開発目標(SDGs)や2050年カーボンニュートラルの達成に向けて、持続可能性(サステナビリティ)課題に戦略的に対応する事業や企業へのファイナンスの重要性が高まっています。サステナブルビジネス戦略センター(CSBS)では、ESG投資・金融(サステナブルファイナンス)やその基礎となる企業の非財務情報開示を推進する政策の立案や実行支援に関する調査研究を行っています。

【主なクライアント】
・ 官公庁(環境省、経済産業省、金融庁等)
・ 民間企業(事業会社、金融機関、業界団体等)

【具体的な業務の例】
(1) ESG投資・金融・非財務情報開示に関する調査研究、政策立案・実行支援
 ・ 国内外のESG投資・金融(サステナブルファイナンス)に関する調査研究
 ・ TCFD、TNFD、ISSB等、国内外の非財務情報開示制度に関する調査研究
 ・ 金融機関や機関投資家に影響を与える政策やイニシアチブに関する調査研究 /等
(2) ESG/SDGs/サステナビリティ経営に関する調査分析、政策立案・実行支援
 ・ 企業の「持続可能な経営」やSDGs貢献事業の展開に関する調査分析
 ・ 環境デュー・ディリジェンスに関する国内外の動向調査 /等
(3) その他
 ・ 金融機関向け サステナブルファイナンス実施支援(ESG地域金融、TNFD等)
 ・ 民間企業向け 非財務情報開示・ESG/SDGs経営支援

金融系シンクタンクにおける研究員(REIT投資顧問部/シニア)

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
1,100万円〜1,300万円 経験・能力を考慮し、規定に従い相談の上決定します。
ポジション
シニア
仕事内容
●REIT投資顧問部の業務内容
<J-REITの投資助言>
(1) 投資基準に関する助言
投資家の投資目的に応じた運用ガイドラインの策定、銘柄選定基準の策定をサポートします。
(2) 投資運用に関する助言
当社の不動産市場に関する分析・見通しをベースに、個別銘柄に対する詳細な分析を行うことにより、J-REIT 市場の見通しや銘柄選定にかかる助言を行います。
J-REIT 市場の見通しおよびセクター別(プロパティタイプ、大型・中小型)の評価
各銘柄の資産評価、財務評価、運用力評価
各銘柄のESGへの取り組み評価
各銘柄の決算内容の評価、業績見通し
独自指標によるモニタリング・評価(SMTRI J-REIT Index、インプライドキャップレート、NAV など)

●担っていただく業務
REIT投資顧問部では、J-REIT全銘柄を対象に、複数名のアナリスト(当社HPの「研究員の紹介」を参照)がそれぞれの強みを発揮して業務を分担し、アシスタントのデータ整備等のサポートを受け、J-REITに関する多角的な分析を行い、投資顧問契約を締結した特定の顧客に対して投資助言を行っています(不特定多数が相手ではない。継続的で堅実なサービス提供が求められる)。
各アナリストには担当銘柄の業績予想作成、定性評価レポート執筆をベースとして、本人の適性や希望も考慮し、部として提供する様々な各種データ、レポート作成を分担していただきます。また、若手の指導・育成や同僚への積極的な知見共有により、チーム力全体の向上への貢献も期待します。

金融系シンクタンクにおける研究員(REIT投資顧問部/ジュニア)

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
660万円〜800万円 経験・能力を考慮し、規定に従い相談の上決定します。
ポジション
ジュニア
仕事内容
●REIT投資顧問部の業務内容
<J-REITの投資助言>
(1) 投資基準に関する助言
投資家の投資目的に応じた運用ガイドラインの策定、銘柄選定基準の策定をサポートします。
(2) 投資運用に関する助言
当社の不動産市場に関する分析・見通しをベースに、個別銘柄に対する詳細な分析を行うことにより、J-REIT 市場の見通しや銘柄選定にかかる助言を行います。
J-REIT 市場の見通しおよびセクター別(プロパティタイプ、大型・中小型)の評価
各銘柄の資産評価、財務評価、運用力評価
各銘柄のESGへの取り組み評価
各銘柄の決算内容の評価、業績見通し
独自指標によるモニタリング・評価(SMTRI J-REIT Index、インプライドキャップレート、NAV など)

●担っていただく業務
REIT投資顧問部では、J-REIT全銘柄を対象に、複数名のアナリスト(当社HPの「研究員の紹介」を参照)がそれぞれの強みを発揮して業務を分担し、アシスタントのデータ整備等のサポートを受け、J-REITに関する多角的な分析を行い、投資顧問契約を締結した特定の顧客に対して投資助言を行っています(不特定多数が相手ではない。継続的で堅実なサービス提供が求められる)。
各アナリストには担当銘柄の業績予想作成、定性評価レポート執筆をベースとして、本人の適性や希望も考慮し、部として提供する様々な各種データ、レポート作成を分担していただきます。
全13件 1-13件目を表示中

マーケットビジネス、コンサルティングファームの求人を年収から探す