「お気に入り」に追加しました。

ボタンを押して「お気に入り一覧」を見ることができます。

ESGアナリストの転職求人

6

ESGアナリストの特徴

運用会社等において、企業分析やエンゲージメント活動、格付会社等において評価・格付業務に従事する。
全6件 1-6件目を表示中
並び順:

ESGアナリストの転職求人一覧

ESGアナリスト

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
年収イメージ:〜1000万円(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
ポジション
担当者
仕事内容
●ESGファイナンスが  国際的な原則や国のガイドライン等に適合しているかを分析、評価する

大手日系信託銀行での受託財産/国内株式のESGアナリスト

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
経験・能力を考慮の上、当社規定により決定します(イメージ〜1,300万円)
ポジション
調査役、上席調査役ほか(経験等に応じて検討)
仕事内容
国内株式のESGアナリスト

大手銀行での企業分析・業界分析アナリスト(気候変動リスク担当)

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
400万円〜1400万円
ポジション
担当者
仕事内容
〇 個別企業分析
業況に変調が見られたり、M&A等大きなイベントを控えた企業(大企業中心)の調査・分析を行います。個別企業の事業面、財務面での特徴を明らかにした上で、将来の収支予想行い個社レポートを作成します。個社レポートは、当行での与信判断に使用するとともに、その企業に対する営業活動にも活用します。
〇 大口取引先に対する行内格付付与
業種毎に大口取引先各社の事業面・財務面の比較分析を行い、各社に行内格付付与を行います。
〇 気候変動リスク分析
個別企業分析では、トラジションファイナンス等への対応において個社の移行戦略の適合性評価を実施します。また行内格付付与でも、移行リスク要素の格付評価織り込みを検討実施します。

【部門の特徴】
〇 企業調査部の強みは、取引先ヒアリングや業界団体・外部格付機関等へのアクセスを通じたキャッシュフロー分析による実態把握力と、業種別ライン体制によりこれまで培われてきた業種知見です。
〇 弊社大口取引先の与信管理業務の中心的機能を担う部署であり、業務を通じて、業種知見の取得や財務・事業分析力の向上が可能です。
〇 また今後の与信管理業務において重要な位置付けを占める「気候変動リスク対応」の分析にも携わっていただく予定であり、業務を通じて気候変動問題と関係する国際動向・規制動向等に関する知見も習得する機会があります。

日系運用会社でのESGアナリスト

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
年収イメージ:〜1400万円(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
ポジション
担当者〜マネージャー
仕事内容
投資信託のESG、スチュワードシップ活動の推進及び高度化
●ESG推進体制の検討、構築
●運用部門としてのESGおよびスチュワードシップ活動の企画・統括
●企業との建設的な対話、議決権行使等

大手銀行でのサステナビリティ推進企画、主に環境・気候変動対応

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
経験・能力を考慮の上、当社規定により決定します(イメージ 〜1,200万円)
ポジション
経験に応じて検討
仕事内容
・気候変動対応(Scope1・2・3削減)に関する企画・施策の立案・遂行
・サステナビリティ推進企画(個別施策の企画・立案・遂行、サステナビリティに関する動向調査)

格付機関でのサステナブルファイナンス評価、ESGアナリスト

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
経験・能力を考慮の上、当社規定により決定します(イメージ 〜1,200万円)
ポジション
経験に応じてご相談
仕事内容
●サステナブル・ファイナンス評価業務(グリーンボンド、ソーシャルボンド、サステナビリティボンド、各リンク・ボンド等に関する評価業務)
●格付に関するアナリスト業務
全6件 1-6件目を表示中