「お気に入り」に追加しました。

ボタンを押して「お気に入り一覧」を見ることができます。

バイサイドアナリストの転職求人

21

バイサイドアナリストの特徴

金融業界内で人気の高い職種として「アナリスト」がありますが、アナリストにも多くの種類があり、バイサイドアナリストや、クレジットアナリストなどが存在します。 バイサイドアナリストは、調査分析を行った結果をまとめ、自社の運用部門やファンドマネージャーに報告し還元することで、運用能力を向上させることが目的となります。 一方で、分析結果を社内ではなく投資家などの外部顧客に対して発信していく役割を担う、セルサイドアナリストという職種もあります。 それらアナリストの中でもクレジットアナリストは、債券全般を担当し債券の発行体に関する調査分析がメイン業務となっています。 株価を予想するのではなく、発行体のもつクレジットリスクを分析し、再建の利回りがどのように推移していくかを予想する必要があります。 またESG要素を含んだ、企業の非財務情報をもとに、ファンダメンタル分析を専門的に行う「ESGアナリスト」と呼ばれる職種も最近は注目されつつあります。
全21件 1-21件目を表示中
並び順:

バイサイドアナリストの転職求人一覧

独立系運用会社でのトレーダー

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
応相談(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
ポジション
担当者〜
仕事内容
トレーディング執行業務(日本株、外国株、国内債券、外国債券、為替、先物)
マーケット情報発信(動画、レポートなど)
その他上記に付随する業務

【ポジションの魅力】
株式だけでなく債券等の取り扱いもあるため、幅広い知見を得ることができます。
オーナーシップマインドを持ったメンバーが多く、裁量の大きなポジションとなります。

日系大手運用会社でのプライベートエクイティファンド投資担当

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
年収イメージ:1000万円〜1600万円(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
ポジション
投資担当者
仕事内容
【職務内容】
グローバルにプライベートエクイティファンド投資を行うチームの一員として下記業務を行っていただきます。

・新規に投資するファンドの精査
・既保有ファンドの管理、報告書、マーケティング
・その他資料の作成
・顧客への報告、マーケティング

大手インターネットグループ金融持株会社での金利ストラテジスト

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
年収イメージ:〜1600万円(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
ポジション
担当者〜
仕事内容
グループ会社に出向し、下記業務を担っていただきます。

弊社業容拡大のため、成長の重要ポジションである金利ストラテジストとして戦略立案、運用に至るまで一貫した業務を担っていただきます。
これまでのご経験や能力、希望を踏まえて最もご活躍いただける役割をお任せしたいと考えています。

・内外金利を中心としたファンダメンタルズ分析、調査(統計分析を含む)
・内外金利動向見通し等の社内向けレポート作成

ポジションの魅力
金融・人工知能等の最新の研究から知見を得るため学会等に参加しています。また、複数の大学と共同研究を行っており産学連携にも力を入れています。

自分たちで課題を見つけ、その対策を自由に推進できるベンチャー企業のような働き方ができます。

大手日系信託銀行での外国株式のリサーチアナリスト

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
経験・能力を考慮の上、当社規定により決定します(イメージ 〜1,300万円)
ポジション
調査役、上席調査役等(経験等に応じて検討)
仕事内容
外国株式のアナリスト。英語による企業調査業務。
企業調査をもとに個別銘柄の分析・評価業務

大手日系信託銀行での国内株式のリサーチアナリスト業務

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
経験・能力を考慮の上、当社規定により決定します(イメージ 〜1,300万円)
ポジション
調査役、上席調査役等(経験等に応じて検討)
仕事内容
日本株アクティブ運用の証券アナリスト

日系運用会社でのクレジットアナリスト業務

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
年収イメージ:〜1200万円(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
ポジション
担当者〜マネージャー
仕事内容
クレジットアナリスト業務
●国内外の社債発行体の信用力評価およびESG分析(既存銘柄のフォローや欧米企業を中心とした新規銘柄の調査)
●市場動向およびファンダメンタルズ分析を踏まえた投資判断の付与(通貨、年限、弁済順位の違いなども考慮)
●ファンドマネジャーやお客様に対する情報提供(業種動向、決算動向、格付動向、各種クレジットイベントなどをフォロー)

日系運用会社でのESGアナリスト

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
年収イメージ:〜1400万円(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
ポジション
担当者〜マネージャー
仕事内容
投資信託のESG、スチュワードシップ活動の推進及び高度化
●ESG推進体制の検討、構築
●運用部門としてのESGおよびスチュワードシップ活動の企画・統括
●企業との建設的な対話、議決権行使等

日系大手銀行でのクオンツ業務

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
経験・前職年収を考慮(年収イメージ:800万円〜1200万円)
ポジション
課長クラス
仕事内容
●マルチアセットの定量分析
伝統資産クラス(株・債券)以外にもオルタナティブの管理・分析ツール開発やアセットアロケーションモデルの管理・構築

日系運用会社での株式運用に関する調査・運用・企画業務(国内株・外国株)

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
イメージ 賞与込 800万円〜1300万円
ポジション
マネージャークラス
仕事内容
投資信託や年金・機関投資家等向け内外株式プロダクトの運用業務を行います。
●アナリスト業務(担当セクター・企業の調査、マクロ経済分析など)
●ファンドマネジメント業務
●新戦略・新商品の企画、開発
●顧客等への報告やプレゼンテーションの実施

大手銀行系アセットマネジメントでのエクイティアナリストもしくはエクイティファンドマネージャー

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
年収イメージ:〜1200万円(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
ポジション
担当者〜
仕事内容
●エクイティ・アナリスト: 企業リサーチ活動
 ・投資先企業の企業価値分析並びに株式の投資魅力度の判定
 ・投資先企業への長期目線でのエンゲージメント活動
 ・リサーチレポート(ビジネスモデル、市場動向、業績動向、強み・弱みの分析を含む)の作成
 ・新規投資候補銘柄の発掘
 ・上記を遂行するための、企業マネジメント層やIR担当者等への取材や企業説明会を通じた情報収集    
●エクイティ・ファンドマネージャー
 ・上記エクイティアナリストと同様の企業リサーチ活動
 ・株式アクティブファンドにかかる売買の意思決定、投資ウエイトの決定
 ・株式アクティブファンドのパフォーマンス要因分析、リスク分析
 ・お客さま向けの運用説明

大手銀行系アセットマネジメントでのクレジット・アナリストもしくはクレジットのファンドマネージャー

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
年収イメージ:〜1000万円(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
ポジション
担当者〜マネージャー
仕事内容
●投資先のクレジット分析
・リサーチレポート(ビジネスモデル、市場動向、業績動向、強み・弱みの分析を含む)の作成
・財務・キャッシュフロー分析等を基にした投資判断資料の作成
・新規投資先の分析
・経営者やIR担当者等への取材
・決算説明会への出席等   など

日系大手運用会社でのプライベートエクイティファンド投資担当

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
年収イメージ:1000万円〜1600万円(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
ポジション
投資担当者
仕事内容
【職務内容】
グローバルにプライベートエクイティファンド投資を行うチームの一員として下記業務を行っていただきます。

・新規に投資するファンドの精査
・既保有ファンドの管理、報告書、マーケティング
・その他資料の作成
・顧客への報告、マーケティング

日系大手運用会社での債券運用クレジットアナリスト(北米)

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
年収イメージ:800万円〜1400万円(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
ポジション
担当者〜
仕事内容
●米国を中心とした内外債券発行体のクレジット分析
・信用力分析レポート作成
・ファンドマネージャーへのリサーチ内容・意見の発信
・コンサルや顧客への資料作成

独立系アセットマネジメント会社でのインベストメント・マネージャー(若手)

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
年収イメージ:〜1000万円(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
ポジション
担当者
仕事内容
日本株のファンド・マネジメント業務全般
●日本株のリサーチ業務
●ポートフォリオ・マネジメント業務
●投資家対応業務
●その他付随業務

日系運用会社での日本株アナリスト

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
年収イメージ:〜1200万円(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
ポジション
ジュニア〜ミドル
仕事内容
・上場企業の経営陣やIR担当者等との対話・取材を通じた投資判断に係る分析
・主に、長期視点での財務分析、非財務(ESG)分析、将来業績予想の作成、経営課題に関する建設的対話活動等
・担当業種・銘柄(業績予想作成銘柄数は約30社)を中心に調査結果をファンドマネージャーに情報連携。投資推奨レポートの発信や議論を通じて、ファンドマネージャーの投資判断をサポート
・統一化されたバリュエーションシステムを基にした企業価値評価算定
・アクティブ運用の投資家としての議決権行使における意思決定
・顧客・運用コンサルタント等に対する社外向けプレゼンテーション など

銀行での戦略投資部 クレジット投資(AVP〜VP)

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
年収イメージ:800万円〜1600万円(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
ポジション
AVP〜VP
仕事内容
職務内容 以下業務内容より、個々人のご経験に応じて柔軟にアサインいたします。
(1)投資アイディアの策定・推進
1.ポートフォリオマネジメント業務
部署全体のポートフォリオの状態・アセットアロケーションを通貨・地域・アセットクラス・クレジットリスク的に俯瞰し、最適な投資ミックスを考慮の上、投資機会を探り、部門内に展開、議論を行い、合意形成を図る((AVP)/VP)
2.リサーチ業務
個別案件についてのクレジット分析と関連するマクロ分析を行なう(AVP/VP)
●対人及びリサーチ等の様々なソースからの情報や、それまでの職務経験を統合し、クレジットサイクルの各段階で安定的に収益が得られるような投資アイディアについて、一定程度のシナリオや見方を持った上で、部門内に展開、議論を行い、合意形成を図る((AVP)/VP)
●新規ビジネスについて、アイディアを創出し、初期的なフィージビリティースタディーを行い、部門内に展開、議論を行い、合意形成を図る(VP)
●上記の各種投資アイディア・新規ビジネス他について、合意形成の後、主体的に推進を行なう(VP)
(2)投資案件のソーシング
●証券会社等のリサーチの読解及びセミナー等に参加し、潜在的アセットクラス・案件の情報を入手する(AVP/VP)
●担当する証券会社等との関係性を良好に維持しながら、具体的な潜在的案件の情報を積極的に入手する(AVP/VP)
●入手した情報に付き、適宜部内に情報共有を行う(AVP/VP)
●入手した情報を元に当部の投資基準に合致した案件について、市場調査を含む案件調査の上部内に案内、上席を含めた合意形成の上、上席のサポート担当として推進する(AVP)若しくは、主体的に推進する((AVP)/VP)
●当該案件について、要求収益水準に達しているか否かの分析を行なう(AVP/VP)
(3)案件の取り上げ基準他社内規則の理解・遵守
●様々な社内規則を原文に立ち返り読解し、担当案件を実行する上で直接的・間接的に要求される事項、業務を整理・理解の上、遵守する(AVP/VP)
●上記に加え、当該整理・理解を部門内で効果のある形で共有する((AVP)/VP)
(4)取り上げ案件の社内推進
●新商品に該当する場合は、新商品としての社内の承認を得る為の戦略等を考慮し、部署内での合意形成を図る((AVP)/VP)。 当該合意に基づく資料を、上席との相談・指示の上準備する(AVP/VP)
●当該新商品承認の為の資料を基に、上席が社内の承認を得る事をサポートする(AVP)
●上席の指示・相談の上、決裁書および関連する資料の作成を行う(AVP/VP)
《証券化・ストラクチャードファイナンス案件の場合》
●各種リスクを理解した上で、それらを緩和する仕組、キャピタルストラクチャー、キャッシュフローウォーターフォール、各種トリガーが十分であるかを分析する(AVP/VP)
●Moody’s Analytics社のキャッシュフローモデルを使用し、各種ストレスに応じた投資元本償還の蓋然性の分析を行う(AVP/VP)
《FI/コーポレート案件の場合》
●業界分析、財務分析、キャッシュフロー分析等の、当該案件の信用分析を行う(AVP/VP)
●作成した決裁書及び関連する資料を基にした、上席の審査部門との折衝につきサポートを行う(AVP)
●決裁に付随する各種プロセスについて、社内規則に基づく承認の為の資料を準備の上、主体的にその承認を得る(AVP/(VP))
●審査部門の承認が下りた案件について、実行及び資金決済の事務を行う(ASC/AVP/(VP))
(5)投資実行後の案件の期中管理業務
●証券会社等からの月次等の頻度のレポーティングについて、案件実行後にモニタリングのシートをエクセルにて作成する(AVP/VP)
●当該モニタリングシートに基づき、月次等の頻度でモニタリングを行い、部内・外に報告を行う(AVP/(VP))
●証券会社等からの時価情報について、ミドルオフィス部門がその検証を行う上でのサポートを行う(AVP/(VP))
●その他、審査部門他からの期中の案件に対する問い合わせの対応を行う(AVP/VP)
●決裁上で定められた各種トリガーへの抵触時には、その対応についての報告を上席が行う上での報告書の作成のサポートを行う(AVP/(VP))
(6)行内外の各種規則・規制対応
●業務を執行する上で遵守すべき社内規則やそれ以外の必要な規則・法令・規制資本等の関連規則について、内容を原文から自身で理解し、遵守する姿勢を保持する(AVP/VP)
●上記に基づく報告資料等の作成の為の計算等の作業を行なう(AVP/(VP))
●行内での見解が曖昧等の未解決の内容がある場合には、関係各部署と連携の元、当部の業務に沿う形での理解の一致を図るべく、推進する(AVP/VP)

日系オルタナティブ運用会社でのヘッジファンド運用担当ゲートキーパー

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
年収イメージ:800万円〜1200万円(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
ポジション
シニア・インベストメント・オフィサー/インベストメント・オフィサー
仕事内容
●主にヘッジファンドやマルチアセット、クレジット投資に係るプロダクツ選定、モニタリングのゲートキーピング担当者
●担当分野は金利・クレジット系、エクイティ系、CTA、マルチアセットのヘッジファンド
●ファンドとの交渉やコミュニケーション、商品組成、グループ各エンティティ等の折衝・調整にも関与
●見込顧客を含め、顧客への商品説明書や四半期報告書の作成に深く関与、顧客とのコミュニケーションを行うことも

大手銀行系アセットマネジメントでの外国株式のファンドマネージャーもしくはアナリスト

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
年収イメージ:〜1000万円(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
ポジション
担当者〜
仕事内容
●外国株式アナリスト: 企業リサーチ活動
 ・投資先企業の企業価値分析並びに株式の投資魅力度の判定
 ・投資先企業への長期目線でのエンゲージメント活動
 ・リサーチレポート(ビジネスモデル、市場動向、業績動向、強み・弱みの分析を含む)の作成
 ・新規投資候補銘柄の発掘
 ・上記を遂行するための、企業マネジメント層やIR担当者等への取材や企業説明会を通じた情報収集    
●外国株式ファンドマネージャー
 ・上記外国株式アナリストと同様の企業リサーチ活動
 ・株式アクティブファンドにかかる売買の意思決定、投資ウエイトの決定
 ・株式アクティブファンドのパフォーマンス要因分析、リスク分析
 ・お客さま向けの運用説明

外資系運用会社でのジュニア・クレジットアナリスト業務

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
年収イメージ:〜1000万円(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
ポジション
ジュニア・クレジット・アナリスト
仕事内容
・ファンダメンタル分析:投資対象先(社債等発行体)について、内部格付モデルに基づき事業面・財務面およびESGの観点から分析を行い、シニアアナリストが作成するクレジット・レポートの作成補助をする(一部レポートは英
語)
・業界分析:定量・定性分析の前提となる業界・セミマクロ・ESG分析をシニアアナリストの指示のもとに行う
・商品性分析:CDS、ABS、資本性負債等への投資にあたって商品性を踏まえた意見表明を行うための事前準備を行う
・相対価値分析:金融市場データと上記ファンダメンタル分析を総合した相対価値分析をシニアアナリストが行うための各種サポートを行う
・情報収集:IR説明会へ参加するほか、外部リソースとコンタクトを持つ
・Bloomberg や Quick 等情報端末を用い日次、週次、月次管理資料や各種説明資料を作成する
・その他資料作成:各種運用会議等の資料作成(作成資料は英語の場合もあり)

外資系運用会社でのクレジットアナリスト業務

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
年収イメージ:1200万円〜1600万円(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
ポジション
クレジット・アナリスト
仕事内容
・ファンダメンタルズ分析:投資対象先(社債等発行体)について、内部格付モデルに基づき事業面・財務面およびESGの観点から分析を行い、クレジット・レポートを作成すること(一部レポートは英語)
・業界分析:業界分析・セミマクロ分析を行うこと
・商品性分析:CDS、ABS、資本性負債等への投資にあたって商品性を踏まえた意見表明を行うこと
・相対価値分析:金融市場データと上記ファンダメンタルズ分析を総合し相対価値分析を行い、ポートフォリオ・マネージャーの投資判断材料を提供すること
・情報収集:IR説明会へ参加するほか、外部リソースとコンタクトを持つこと
・BloombergやQuick等情報端末を用いて日次、週次、月次管理資料や各種説明資料を作成すること
・その他資料作成・説明:書く運用会議等の資料作成・説明(資料・説明は英語の場合もあり)
・上司:クレジット調査部長にレポート

大手金融機関での市場運用業務

おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収レンジ
年収イメージ:〜1200万円(経験・能力を考慮の上当社規定により決定)
ポジション
担当者
仕事内容
●業務詳細
債券、株式投資にかかる1.投資提案、2.投資判断(マクロ分析、商品分析、市場分析)、3.投資執行、4.ポートフォリオ管理、等。

●キャリアパス
債券、株式投資分野において専門性を高めつつ、様々な業務で活躍できる機会が設けられています。
業務内容や希望に応じて、他市場部門や、海外拠点、グループ会社等へのローテーションがあります。
全21件 1-21件目を表示中

バイサイドアナリストの求人を企業の特徴から探す