転職者様の声|Vol.0060

外資系法律事務所でアソシエイトから、日系企業にて
海外法務へ

40代、女性、有名外国大学

  • 1.今までのご経歴を簡単に教えてください。

    高校・大学とオーストラリアの現地校で学び、大学で法律を専攻し、卒業と同時に弁護士資格を取得し、現地の法律事務所に勤務していました。2年程働き日本に帰国し、まずは外資系銀行に就職し、その後転職して米系法律事務所に勤務していましたが、妊娠出産のため退職し、その後7年間専業母をしていました。

  • 2.転職を考えたきっかけや動機はなんですか?

    下の子が3歳になり、子育てが落ち着いたからです。

  • 3.コトラをお知りになったきっかけやご登録いただいた理由を教えてください。

    ネット検索でホームページを拝見し、掲載されていた案件が金融系や法律系が多くあり、私の経歴と合うと思いましたので登録させていただきました。

  • 4.転職活動はどのように進めましたか?内定までの経緯、工夫した点や苦労した点など教えてください。

    まずは知り合いの人事紹介や友人へ連絡をして面接をしてくれる会社が無いかを相談しましたが、妊娠・出産(子供2人)のためにフルタイム職から離れていたブランク期間7年、年齢、経験不足が理由で面接まで至らずに書類選考で落とされてしまいました。

    ネット登録した人材紹介会社は二社で、その一つがコトラ様でした。掲載されているポジションに何度かアプライいたしましたが、何回も書類選考で落とされ、なかなか企業との面接まで至りませんでしたが、1人連絡をくれた方が居り、その方が今回就職内定まで至った私の就職先を紹介してくださったコンサルタントの方です。今回採用まで至った会社も最初は私の休職期間を懸念されていたようですが、担当のコンサルタントの方が上手に説得し第一面接まで漕ぎ着けて下さいました。

    就職活動の書類選考で実感したことは、企業側が休職期間をとても懸念することです。ここがネックになり正社員の採用が難しいと思い、そこで工夫したことは、まずは就職活動に支障がないレベルの法律関係のアルバイト(米国民事訴訟の書類レビュー業務)を始めました。企業との面接の際に、アルバイト(派遣社員)とは言え、今現在9時から17時まで勤務している、法律関係の業務であると伝えると、安堵することが分かりました。第一面接の中で法律に関わるアルバイトの業務内容を話すことも出来ましたので、面接官との会話がスムーズでした。

  • 5.これから転職をする人にアドバイスをお願いします。

    いつかは自分に合う仕事が見付かると自分を信じ続けることだと思います。特に、お子様をお持ちの母親の立場で就職活動をする方にアドバイスしたいことは、休職期間がある事や就職後の帰宅時間の制限等、自分は面接する企業が求める最高の人材ではないことを認識しながらも、面接の中では入社後に自分が出来ることや自分の強みをアピールし、面接官に自分のような人材が1人2人居てもいいかなと思っていただくように説得することだと思います。

  • 6.コトラのアフターフォローサービスについての感想を教えて下さい。

    必要に応じてお電話を下さったり、面接の内容等、私の問い合わせに丁寧に回答して下さったり、とてもいいサービスをして下さりました。

  • 7.コトラをご利用いただいての感想があれば教えてください。

    感謝の一言です。月並みですが、仕事のある有難味を実感しながら、がんばって仕事をしていきたいと思います。ありがとうございました。

2015年5月22日
  • 転職者様の声一覧に戻る
  • コンサルタントに相談する
  • コンサルタントに相談する
  • 転職者様の声一覧に戻る

40代の転職者様の声

この転職者と同じ年代(40代)の転職者様の声をすべて見てみる
  • 国内信託銀行ファンドマネージャーから人事系コンサルタント会社へ

    他社に比べて、ご案内頂いた求人の質、書類選考合格率が高かったように思います。

    40代、男性、国立大学卒
    もっと見る
  • 都市銀行オペレーション担当から信託銀行オペレーション担当へ

    求人紹介から面接のスケジューリングやメールの返信までとても迅速に進めて下さいましてありがとうございました。

    40代、女性、私立大学卒
    もっと見る
転職者様の声をぜんぶ見る

ページの先頭へ戻る

→ 転職支援サービス(無料)に登録する