転職者様の声|Vol.255

自身の強みを活かしてPEファンド投資先のCFOポジションへ

50代、男性、海外大学院卒

  • 当初は、コトラを始め知り合いの人材紹介会社に依頼をして、事業開発、経営企画分野でのポジションで活動しておりましたが、希望年収や条件が合致した案件が少なく時間がかかり苦労しました。

    そこで、大手人材紹介系のハイクラス転職サイトにも登録しましたが、各社の担当者は、私の強みなどを十分に理解することなく、クライアントに人材を紹介することを優先されているようで不愉快に感じることも多々ありました。

    そんな中、改めてコトラの担当コンサルタントの方に相談したところ、タイミングよくPEファンド投資先のCFOポジションをご紹介いただきました。今回は、戦略を変更してCFOポジションに絞り、ご担当者からも、略歴書を書き換えるようアドバイスをいただき応募しました。結果、初回面接からトントン拍子で選考が進み内定をいただきました。

    今回の担当コンサルタントの方は、前職から存じあげていたこともありましたが、私のスキル、性格を十分ご理解いただいた上で、PEファンドのご担当者に刺さるような推薦文を書いていただいた事も、数あるレジュメの中から面接の機会を得られた大きな要因であったかと感じています。また、条件面での折衝、入社日までの対応等きめ細やかなアドバイスもいただき非常に役立ちました。

    今回の転職活動から50代での転職で重要だと感じたのは、①ゼネラリストではなくスペシャリストとしてのスキルを整理してアピールすること。②自分を十分理解いただける人材コンサルタントを探すこと(出会うまで継続する)。③あせらず、いろいろな方の話を聞きながら転職戦略を練ること、だと思います。PEファンドの投資先をご検討の方は、ファンド担当者との相性、チームワーク良く働けるかかどうかも見極められた方が良いかと思います。

    今回担当コンサルタントの方には大変お世話になりました。感謝しております。

2019年4月2日
  • 転職者様の声一覧に戻る
  • コンサルタントに相談する
  • コンサルタントに相談する
  • 転職者様の声一覧に戻る

50代の転職者様の声

この転職者と同じ年代(50代)の転職者様の声をすべて見てみる
  • 外資系ホテルグローバルマーケティング部長から官民ファンドシニアコンサルタントへ

    コンサルタントの方とは、入社後も気楽に近況報告ができるほどの人間関係を築くことができました。 今回の転職では同社のお世話になったことが、私の転職成功の一番の要素であったかもしれません。本当に感謝しています。

    50代、男性、私立大学卒
    もっと見る
  • 外資系保険代理店勤務から、外資系保険会社で内部監査担当へ

    短い経験に基づく感想ですが、転職支援のプロの方に勧められて転職できるのが、好結果をもたらすと思慮します。絶対ではないとしても、プロの目に頼るのは重要な手段であると改めて感じています。

    50代、男性、有名私立大学
    もっと見る
転職者様の声をぜんぶ見る
→ 転職支援サービス(無料)に登録する