皆さまが充実した仕事に就ける様、全力でお手伝いいたします。 皆さまが充実した仕事に就ける様、全力でお手伝いいたします。

転職をお考えのみなさまへ

転職活動は自分の将来を選択するとても大切な活動です。だからこそ悩みや迷いが生じます。 転職をお考えになる理由は様々でしょう。ステップアップ目的もあるでしょうし、そればかりではない色々なご事情もあるかと思います。

私は転職をお考えのみなさまのご事情やお考えに真摯に向かい合い、じっくりとお話をお聞きしたいと思っております。 もちろん皆さまのスキルとお考えに合う求人をご紹介することに全力を尽くします。

みなさまの将来を切り開くお手伝いを是非させて下さい。お待ちしております。

この仕事を始めたきっかけとやりがい

ベンチャーキャピタル時代、投資先の社長とじっくりと話をする機会が多々ありました。

その時例外なく相談を受けたことが「人をどうしようか?」「組織をどうしようか?」でした。そしてVCの仕事を通じて、「会社が成長するのはお金が入ったときではなく、その会社の目指す姿にピッタリと合った人材が入ったときである」ことを実感しました。

この仕事をはじめたのは、成長を目指す会社に人材という最大の付加価値を提供したいという強い思いからでした。 そしてもう一つの大きなやりがいは、転職を決めた方が新たな職場で活躍してハッピーになることです。 「紹介させていただいた方が新天地で活躍し、その会社・組織が成長する」そんな成功事例を一つでも多く作るべく日々努力して行きたいと思っています。

このコンサルタントに相談する このコンサルタントに相談する

枝松 健志が担当した転職者様の声

このコンサルタント(枝松 健志)が担当した転職者様の声をすべて見てみる
  • 諦めない活動で、国内の製造業を顧客とする技術系総合人材グループの常勤監査役へ

    これからの人生100年を見据えてみると、心身ともに活力が漲る自分を発見し、総合商社での経験を活かして、生涯現役を目指し、遣り甲斐・生き甲斐を見つける為に再就職を決意しました。 前職では国内外の営業が中心でしたが、直近ではグループ会社への出向も含み、人事総務部長、内部監査責任者を歴任し、この分野で即戦力として活用して頂ける企業は有るのではないかと、自信を持って就活に臨み、監査役・内部監査責任者の職種を中心に活動を始めました。 何件か最終面接の機会を頂いたものの、思い通りに行かないこともありました。諦めずに、もう少し活動を続けてみようと改めて決心した時に、コトラさんで「常勤監査役」の求人を見つけ、応募したところ、コトラのご担当者様から連絡があり、面談する事になりました。 ご担当者様は、私の立場をよくご理解頂き、面談の結果、本件に挑戦してみることを決めました。 書類審査通過後の一次面接では、即日に合格通知を頂き、最終面接後、結論が出るまでに多少の時間を要しましたが、最終的にご縁を頂く事になりました。 ここに1年2ヶ月の就活が終了し、結果を得ることが出来ました。 諦めない、止めない事が、必ず結果をもたらす事を実践した就活でした。 この結果に至るまでには、コトラご担当者様のサポートが非常に大きな力となり、御礼申し上げる次第です。

    60代、男性、私立大学卒
    もっと見る
  • 当初は、コトラを始め知り合いの人材紹介会社に依頼をして、事業開発、経営企画分野でのポジションで活動しておりましたが、希望年収や条件が合致した案件が少なく時間がかかり苦労しました。 そこで、大手人材紹介系のハイクラス転職サイトにも登録しましたが、各社の担当者は、私の強みなどを十分に理解することなく、クライアントに人材を紹介することを優先されているようで不愉快に感じることも多々ありました。 そんな中、改めてコトラの担当コンサルタントの方に相談したところ、タイミングよくPEファンド投資先のCFOポジションをご紹介いただきました。今回は、戦略を変更してCFOポジションに絞り、ご担当者からも、略歴書を書き換えるようアドバイスをいただき応募しました。結果、初回面接からトントン拍子で選考が進み内定をいただきました。 今回の担当コンサルタントの方は、前職から存じあげていたこともありましたが、私のスキル、性格を十分ご理解いただいた上で、PEファンドのご担当者に刺さるような推薦文を書いていただいた事も、数あるレジュメの中から面接の機会を得られた大きな要因であったかと感じています。また、条件面での折衝、入社日までの対応等きめ細やかなアドバイスもいただき非常に役立ちました。 今回の転職活動から50代での転職で重要だと感じたのは、①ゼネラリストではなくスペシャリストとしてのスキルを整理してアピールすること。②自分を十分理解いただける人材コンサルタントを探すこと(出会うまで継続する)。③あせらず、いろいろな方の話を聞きながら転職戦略を練ること、だと思います。PEファンドの投資先をご検討の方は、ファンド担当者との相性、チームワーク良く働けるかかどうかも見極められた方が良いかと思います。 今回担当コンサルタントの方には大変お世話になりました。感謝しております。

    50代、男性、海外大学院卒
    もっと見る

  • 良きコンサルタントとの出会いにより、メガバンクが設立したコーポレートベンチャーキャピタルの社内SEへ

    転職活動は簡単ではないと覚悟はしていました。しかし、コトラのコンサルタントの方が私の職業能力につき深く理解して頂き、まさにこれ以上ないと思われる企業様とマッチングして下さいました。先方企業様にも私の能力を正しく説明して頂いたのだと思います。職務内容・条件面を含め非常に満足のいく提示を受けることができました。転職を成功させた知人にも聞いていはいたのですが、コンサルタントの方の能力次第で転職の成否に大きな差がでることを身を持って体験しました。良きコンサルタントの方との出会いが何よりも転職には重要であると知り、今は深く感謝しております。

    50代、男性、私立大学卒
    もっと見る
転職者様の声をぜんぶ見る 転職者様の声をぜんぶ見る

枝松 健志が担当した転職者様の属性

職種別の割合

  • IT系ビジネス
  • インベストメントバンキング
  • コマーシャルバンキング
  • コンサルティングファーム
  • その他
  • その他銀行証券系ビジネス
  • ファイナンス管理
  • マーケットビジネス
  • リスクマネジメント
  • 管理系ビジネス
  • 金融フロント
  • 金融関連サービス
  • 経営管理
  • 人事系ビジネス
  • 投資事業
  • 投信投資顧問
  • 不動産金融不動産関連業務
  • 保険ビジネス

年齢別の割合

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代以上
このコンサルタントに相談する このコンサルタントに相談する

プロフィール

[ 経歴 ]

東北大学経済学部卒。日本長期信用銀行(現・新生銀行)に入行。大企業および中堅企業向け融資、審査業務に従事。長銀破綻時には会長秘書を務める。その後ベンチャーキャピタルに転じ、ソフトバンク系VC及び伊藤忠商事系VCにてベンチャー企業への投資と成長支援に注力、複数の投資先でマネジメントを経験する。「企業の成長を人材面からサポートする」ことを目指し人材コンサルタントに転身。

[ 担当業界 ]

経営幹部人材(CXO / 事業推進責任者等)、バイアウトファンド、ベンチャーキャピタル

コンサルタント一覧に戻る コンサルタント一覧に戻る

当社のコンサルタントは専門としている領域をそれぞれ持っております。
ご指定頂いた場合でも、貴方様のご経験によってコンサルタントを変更させて頂くことがございます。
また、ご案内できる情報がない場合には、大変恐縮ながらご面談をご遠慮させて頂くこともございますので、ご了承賜りたくよろしくお願い致します。