メニュー
皆さまが充実した仕事に就ける様、全力でお手伝いいたします。 皆さまが充実した仕事に就ける様、全力でお手伝いいたします。

転職をお考えのみなさまへ

転職活動は自分の将来を選択するとても大切な活動です。だからこそ悩みや迷いが生じます。 転職をお考えになる理由は様々でしょう。ステップアップ目的もあるでしょうし、そればかりではない色々なご事情もあるかと思います。

私は転職をお考えのみなさまのご事情やお考えに真摯に向かい合い、じっくりとお話をお聞きしたいと思っております。 もちろん皆さまのスキルとお考えに合う求人をご紹介することに全力を尽くします。

みなさまの将来を切り開くお手伝いを是非させて下さい。お待ちしております。

この仕事を始めたきっかけとやりがい

ベンチャーキャピタル時代、投資先の社長とじっくりと話をする機会が多々ありました。

その時例外なく相談を受けたことが「人をどうしようか?」「組織をどうしようか?」でした。そしてVCの仕事を通じて、「会社が成長するのはお金が入ったときではなく、その会社の目指す姿にピッタリと合った人材が入ったときである」ことを実感しました。

この仕事をはじめたのは、成長を目指す会社に人材という最大の付加価値を提供したいという強い思いからでした。 そしてもう一つの大きなやりがいは、転職を決めた方が新たな職場で活躍してハッピーになることです。 「紹介させていただいた方が新天地で活躍し、その会社・組織が成長する」そんな成功事例を一つでも多く作るべく日々努力して行きたいと思っています。

このコンサルタントに相談する このコンサルタントに相談する

枝松 健志が担当した転職者様の声

このコンサルタント(枝松 健志)が担当した転職者様の声をすべて見てみる
  • 「不安を打ち消してくれるクイックな対応に勇気づけられました」上場を目指す事業会社の非常勤監査役へ

    従前から「プロ監査役」を目指しておりました。
    世の中には「プロ経営者」と呼ばれる方々が既に活躍されていて、それならば、そのパートナーとして企業統治の一翼を担う「プロ監査役」がいてもおかしくはない、と考えたからです。そして、それを実現するための要件として、①経営者としての経験 ②内部監査の経験 ③保証(アシュアランス)を提供するための「リスクアプローチ」監査の手法 の3つを自ら定めて、それぞれの経験やスキルの習得・深掘りに努めてまいりました。
    おかげ様で、2020年5月に未上場のG社の常勤監査役に就任することができ、IPO(株式上場)を目指すG社のサポートを2年間経験しました。
    するとどうでしょう。世の中には、④IPOをフルサポートした監査役 というニーズが存在することを確信するようになりました。
    そこで、G社が無事に上場を果たした2022年3月以降、①②③④をセールスポイントに、「常勤監査役は継続しながら、他社の非常勤監査役の兼務」を目指す求職活動を再開いたしました。
    そんな中、早速、お声がけを頂戴したのがコトラ様の担当コンサルタントの方です。
    担当コンサルタントの方は、
     ・私の強みである①②③④を十分理解していただき
     ・かつ、クライアントのニーズを的確に把握してもらい
     ・書類選考から役員面接までスムーズに進めてもらうことができました。
    また、改めて感心したのは、「クイックレスポンス」。選考過程中の候補者の不安を打ち消してくれるような「クイックな対応」にどれほど勇気づけられたことか。
    2度目の役員面談である「社長面接」が木曜日、そして、「内定しました」という連絡を頂戴したのが翌金曜日夜でした。そこに、担当コンサルタントの方の真骨頂を垣間見る事ができます。
    そして最後の詰めは「オファーレター」。当方の希望条件を事前に十分にヒアリングしていただき、当方希望を反映していただきました。大変有難うございます。深く感謝申し上げます。

    60代、男性、国立大学卒
    もっと見る
  • 「自分のキャリアにあったポジションをご紹介いただけました」IT企業からファンド投資先のCSOへ

    今回の転職では、ご担当コンサルタントの方にお世話になりました。現職の忙しい中、採用プロセスで大変お世話になりました。
    何よりも、タイムリーで密なコミュニケーションで、選考プロセスをサポートいただきました。また、当初より自分のキャリアにあったポジションのご紹介が大変良かったと思います。感謝しております。

    60代、男性、海外大学院卒
    もっと見る
  • 大手製造業での経験を活かして、東証一部上場企業(メーカー)の経営幹部へ

    (案件案内)
    サイトを通じて、案内をいただきました。

    (書類選考~面接)
    電話により、案件の説明があり、応募から一次面接まで返信が早くテンポ良く、進めていただきました。二次面接もスムーズに進み、ストレスなく、進捗いたしました。

    (内定通知)
    オファー面談があり、ある程度業務内容が明確になり、入社を決めました。
    入社後には、必ずギャップはありますが、オファー面談があったことで、そのギャップは小さくできるのではないかと思っています。

    (全般の感想)
    ストレスなく、全体的に無理のないサービスでした。満足しています。
    どうもありがとうございました。

    50代、男性、私立大学卒
    もっと見る
転職者様の声をぜんぶ見る 転職者様の声をぜんぶ見る

枝松 健志が担当した転職者様の属性

職種別の割合

  • IT系ビジネス
  • インベストメントバンキング
  • コマーシャルバンキング
  • コンサルティングファーム
  • その他
  • その他銀行証券系ビジネス
  • ファイナンス管理
  • マーケットビジネス
  • リスクマネジメント
  • 管理系ビジネス
  • 金融フロント
  • 金融関連サービス
  • 経営管理
  • 人事系ビジネス
  • 投資事業
  • 投信投資顧問
  • 不動産金融不動産関連業務
  • 保険ビジネス

年齢別の割合

  • 20代
  • 30代
  • 40代
  • 50代以上
このコンサルタントに相談する このコンサルタントに相談する

プロフィール

[ 経歴 ]

東北大学経済学部卒。日本長期信用銀行(現・新生銀行)に入行。大企業および中堅企業向け融資、審査業務に従事。長銀破綻時には会長秘書を務める。その後ベンチャーキャピタルに転じ、ソフトバンク系VC及び伊藤忠商事系VCにてベンチャー企業への投資と成長支援に注力、複数の投資先でマネジメントを経験する。「企業の成長を人材面からサポートする」ことを目指し人材コンサルタントに転身。

[ 担当業界 ]

経営幹部人材(CXO / 事業推進責任者等)、バイアウトファンド、ベンチャーキャピタル

コンサルタント一覧に戻る コンサルタント一覧に戻る

当社のコンサルタントは専門としている領域をそれぞれ持っております。
ご指定頂いた場合でも、貴方様のご経験によってコンサルタントを変更させて頂くことがございます。
また、ご案内できる情報がない場合には、大変恐縮ながらご面談をご遠慮させて頂くこともございますので、ご了承賜りたくよろしくお願い致します。