メニュー

「不安を打ち消してくれるクイックな対応に勇気づけられました」上場を目指す事業会社の非常勤監査役へ

60代、男性、国立大学卒

従前から「プロ監査役」を目指しておりました。
世の中には「プロ経営者」と呼ばれる方々が既に活躍されていて、それならば、そのパートナーとして企業統治の一翼を担う「プロ監査役」がいてもおかしくはない、と考えたからです。そして、それを実現するための要件として、①経営者としての経験 ②内部監査の経験 ③保証(アシュアランス)を提供するための「リスクアプローチ」監査の手法 の3つを自ら定めて、それぞれの経験やスキルの習得・深掘りに努めてまいりました。
おかげ様で、2020年5月に未上場のG社の常勤監査役に就任することができ、IPO(株式上場)を目指すG社のサポートを2年間経験しました。
するとどうでしょう。世の中には、④IPOをフルサポートした監査役 というニーズが存在することを確信するようになりました。
そこで、G社が無事に上場を果たした2022年3月以降、①②③④をセールスポイントに、「常勤監査役は継続しながら、他社の非常勤監査役の兼務」を目指す求職活動を再開いたしました。
そんな中、早速、お声がけを頂戴したのがコトラ様の担当コンサルタントの方です。
担当コンサルタントの方は、
 ・私の強みである①②③④を十分理解していただき
 ・かつ、クライアントのニーズを的確に把握してもらい
 ・書類選考から役員面接までスムーズに進めてもらうことができました。
また、改めて感心したのは、「クイックレスポンス」。選考過程中の候補者の不安を打ち消してくれるような「クイックな対応」にどれほど勇気づけられたことか。
2度目の役員面談である「社長面接」が木曜日、そして、「内定しました」という連絡を頂戴したのが翌金曜日夜でした。そこに、担当コンサルタントの方の真骨頂を垣間見る事ができます。
そして最後の詰めは「オファーレター」。当方の希望条件を事前に十分にヒアリングしていただき、当方希望を反映していただきました。大変有難うございます。深く感謝申し上げます。

2022年11月17日
担当コンサルタント:枝松 健志
  • 転職者様の声一覧に戻る
  • コンサルタントに相談する
コンサルタントに相談する
転職者様の声一覧に戻る


60代の転職者様の声

この転職者と同じ年代(60代)の転職者様の声をすべて見てみる
  • 豊富な経験と実績が認められ官民ファンド投資先の企業経営幹部へ

    新たな転職先を探していましたが、年齢条件がネックとなり選考に至らない厳しい状況の中でコトラに新規に会員登録後、送られてきた求人情報の中に私の職務経歴・スキルにマッチする案件が有ったので応募したところ、すぐに担当コンサルタントの高島様から連絡メールがあり面談し、アドバイスをいただき書類選考にいたりました。

    60代、男性、有名私立大学
    もっと見る
転職者様の声をぜんぶ見る
→ 転職支援サービス(無料)に登録する