金融、IT、コンサル、製造業、経営層の転職支援に特化した転職支援サービス【コトラ】

金融、IT、コンサル、製造業、経営層の転職支援に特化した転職支援サービス【コトラ】

誠に申し訳ありませんが、この求人は既に募集終了となりました。
類似の非公開案件もございますので、ぜひ転職支援サービスにご登録ください。
またこのカテゴリの求人一覧より、募集中の類似案件をご覧頂けますので、あわせてご利用ください。

  • 求人詳細
  • 企業情報・選考情報
職種 ビジネススクール WEBサイト・ディレクション担当
ポジション 担当者
配属部署 ビジネススクール
採用人数
おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収イメージ 経験・能力を考慮し、規定に従い相談の上決定します。
仕事内容 【概要】
新たな受講生を募集するための重要なタッチポイントであるWEBサイトの運用を中心に担っていただきます。具体的には、当校経営大学院及びマネジメント・スクールのWEBサイトやアプリの戦略立案、企画設計(コンテンツの企画、UI/UX設計、ワイヤー制作、ユーザー調査、競合調査、ペルソナ設定等)、導線改善、アクセス解析、SEO対策に関して、制作会社やチームメンバーを含む社内他部門との打ち合わせなどをご担当いただきます。

※スクール部門の全体のマーケティング業務は東京・大阪の両オフィスで担っていますが、WEBサイトの運用は主に大阪オフィスで担っています。
将来的には、MBAなどの修士を取得いただいた上で、ウェブディレクションや思考力を活かしてビジネススクールや企業研修の現場で講師としてご活躍頂くことも想定しています。

■トピックス:
ビジネスリーダー育成機関としてビジネススクール事業を展開。日経HR社のアンケートにおいて、当校経営大学院は「国内MBA学生満足度ランキング」二年連続一位を獲得しています。また、出版事業においては「グロービスMBAシリーズ」が第一弾発行以来、累計購買冊数が150万部を突破、本格的なビジネス書としては稀に見るベストセラーを記録しています。
必要スキル 【必須条件】
・一般企業での実務経験3年~応相談
・WEBサイト運用業務の実務経験がある方(実務経験3年~応相談)
・Webコーディングの実務経験がある方(HTML/CSS/CMSの理解がある方:経験年数は問いません)
・Javascript/PHP/サーバに関する基本的な知識
・当校のミッション・ビジョンに共感し、社会人教育及びスクール事業の可能性を信じている方
・論理思考力を有し、誠実かつ謙虚に仕事に取り組める方
・プロジェクトを円滑に進めるコミュニケーション能力、スケジュール管理能力
・任された仕事を最後までやり切れる方
・Word/PowerPoint/Excelの基本操作

【歓迎条件】 ※いずれも経験年数は問いません
・Photoshop、Illustratorを用いてのデザイン制作
・アクセス解析(Google Analytics)、SEO対策
・ABテストツールを使った導線改善
・広告、記事等のコピーライティング
・SNS(Facebook、Twitter、Instagram)の運用
・デジタル広告の運用管理、クリエイティブ制作
・マルチタスクな環境下で、イレギュラー業務にも柔軟に対応してきた経験をお持ちの方
・大局観と当事者意識を持って自律的に仕事を進められる方
就業場所 大阪府
就業形態 正社員
企業概要 ビジネススクール運営および企業研修コンテンツの開発をメインとする人材育成コンサルティング会社。
休日休暇 有給休暇
特別休暇
年末年始休暇
慶弔休暇
産前産後休暇
----------------------
週休2日制 有給休暇1日~20日 休日日数120日 土日休み(イベント時は出勤あり) 有給休暇(年20日※翌年繰越により最大40日)、年末年始(12/29~1/4)、結婚・忌引・災害休暇、出産・育児休暇、サヴァティカル休暇(勤続5年と10年目付与)
待遇 社会保険制度あり
持株会制度
退職金制度
----------------------
<待遇・福利厚生補足> 通勤手当:実費全額支給 社会保険:社会保険完備 退職金制度:補足事項なし(定年:60歳) <教育制度・資格補助補足> ■グロービス経営大学院受講支援制度 ■海外短期留学支援制度 ■自己啓発支援(年間上限20万円) <その他補足> ※第一に健康、第二に家族、第三に仕事という考え方の元、休日取得しやすい風土 ■持ち株制度 ■ロッカー、携帯電話、パソコン貸与 ■各階にオフィスグリコ、オフィスファミマ設置あり ■コーヒー、青汁、コンソメスープなど飲み放題
企業PR
業務カテゴリ WEBディレクター
組織カテゴリ コンサルティングファーム
備考
関連キーワード コンサルティング

未来の起業家やリーダーたちを育成し、社会に輩出する育成コンサル企業

テクノロジーの新しい力が、世界で大きなうねりを起こしています。僕たちは、この新しいダイナミズムを進んで取り入れ、世界で戦っていきます。目標は、「アジア No.1のビジネススクール」「アジアNo.1のベンチャーキャピタル」となることです。
グロービスは1992年に、渋谷の小さな貸し教室でマーケティングの一講座からスタートしました。それが今では、文部科学省から経営大学院設置の認可を受けて、企業研修、ベンチャーキャピタル、出版、そして海外へと事業を拡大することができました。
創業から20年以上を経た今も、「経営に関するヒト・カネ・チエの生態系を創り、社会に創造と変革を行う」というビジョンの実現に向けてまい進しています。
「ヒト」の面では、「グロービス経営大学院(MBA)」にて、「創造と変革の志士」となるビジネスリーダーを育成・輩出しています。全国に5キャンパス(東京・大阪・名古屋・仙台・福岡)を展開し、英語MBAプログラム、 オンラインMBAプログラムへと進化しています。さらには、1,000社以上の企業内研修を実施するとともに、定額型グロービス学び放題サービス「グロ放題」、eラーニング「Digital GLOBIS」等のデジタル・テクノロジーを取り入れた教育を強化しています。より多くの方に学びの機会を届けるため、海外では、中国法人・シンガポール法人、タイ法人を相次いで設立しました。
「カネ」の面では、「グロービス・キャピタル・パートナーズ」にて、ベンチャー企業に対して経営資源をトータルにバックアップし、企業の成長をプロデュースしています。当初は5億円からのスタートでしたが、現在では運用総額660億円規模に至り、新産業・企業の育成に尽力しています。
さらに、「チエ」の面では、「グロービスMBAシリーズ」の書籍を始めとする経営書の出版ならびに、ビジネスを面白くするナレッジライブラリ「GLOBIS知見録」のウェブサイトと スマホアプリを通じて、経営・マネジメントに役立つコンテンツの発信を行っております。
このグロービスの成長には、常に、「多くの人々によい教育の機会を提供したい」という使命感と「必ず成功させるのだ」という強い信念を共有し、共に仕事を楽しめる仲間がいました。
今、僕たちグロービスが「アジアNo.1」へと飛躍するために大切なことは何か?それは、昔と変わらず、高い「志」を実現するために、試練を一緒に楽しめる仲間だと思っています。自らの可能性を信じて、アジアNo.1を達成させたい方へ。グロービスで会いましょう。

■日々の働きやすさを応援する制度
「オフィスレイアウト」
「オフィス・ウェイ」を定め、社員がクリエイティブに、生産的に働けるように最適なオフィス環境の実現を心がけており、座席のフリーアドレス化、社内カフェの導入を行いました。現在はリモートワークの本格導入に向けたトライアル実施を行うなど、常に改革を行っています。

「フレックス労働時間制導入」
フレックス労働時間制を導入し、「自由と自己責任」のポリシーに基づいて、個人が効率よく働くことを目指しています。

「副業制度」
正社員を対象とした副業制度を整備し、社員の多様な働き方を認め、キャリアの選択肢を広げます。

「サバティカル休暇制度」
自己成長・学びの促進、グローバルな視点の醸成を目的に、一定期間在職した社員に、在職期間に応じて特別有給休暇を付与しています。

■社員間の交流を促進する制度
「プレジデント・アワード」
グロービスの発展に寄与した社員の栄誉を称える機会を創り、良き企業文化の醸成を目的に、表彰と副賞を授与する。アワードの種類は、「創造と変革の部」、「縁の下の力持ちの部」、「ファカルティ・グループの部」があります。

「イヤー・エンド・パーティー」
1年の成果を互いに称え、コミュニケーションを図ることを目的に、毎年12月下旬に全拠点の社員が一堂に会する懇親パーティーを開催しています。

「社員旅行/ギャザリング」
年に数回、社員旅行を開催しています。また社員旅行を行わない年は、グロービス社員が集まって楽しいひと時を過ごし、相互理解や交流を深めるイベント「ギャザリング」を開いています。

「クラブ活動」
体育文化会活動を通じて、社員相互の親睦融和、健康の維持促進、レクリエーション及び教養の向上を図ることを目的として、クラブ活動を実施しています。会社はクラブ活動費の一定額を支援しています。

■ライフイベントを楽しみ、働き続けられる制度
「健康・医療支援」
人間ドックまたは健康診断の費用を負担し(上限あり)、ストレスチェックを年に1回実施しています。また、インフルエンザ予防の接種費用は会社が全額負担しています(回数制限あり)。

「配偶者ギフト制度」
グロービス社員の配偶者の方々へ、日ごろの感謝をお伝えするべく、お誕生日に会社から花束を送付しています。

「育児休業」
育児のために休業を取得することを希望する社員であって、1歳に満たない子と同居し、養育する社員は、育児休業を取得することができます。

「育児時差出勤制度」
育児のために時差出勤を希望する社員であって、小学校3年生就学中までの子と同居し、養育する社員は、育児時差出勤制度を取得することができます(但しフレックスタイム制適用社員は除く)。

「介護休業」
要介護状態(負傷、疾病または身体上若しくは精神上の障害により、2週間以上継続して常時介護を必要とする状態)にある対象家族を介護するために一定期間休業が取得できます。

「介護休暇」
要介護状態にある家族の介護や世話をする社員は、会社に申し出ることにより、当該家族が1人の場合は1年間につき5日、2人以上の場合は1年間につき10日を限度として、介護休暇を取得することができます。

presented by KOTORA

企業情報

企業名株式会社 グロービス
企業HPhttps://www.globis.co.jp/
住所東京都 千代田区 二番町5-1 住友不動産麹町ビル
資本金-
設立年月1992年8月
代表者氏名堀 義人
事業内容グロービス・マネジメント・スクール グロービス・エグゼクティブ・スクール グロービス・コーポレート・エデュケーション 出版 / 電子出版 GLOBIS知見録 / GLOBIS Insights(英語)
従業員数-
平均勤続年数

presented by KOTORA

条件を指定して検索

転職や求人をニーズに合わせた細かい条件で絞り検索することができます。

× ×