メニュー

株式会社三菱UFJ銀行

求人ID:1223884
公開求人 募集継続中

当行を含むMUFGグループは、経済・社会が一日も早く活力と安定を取り戻せるように、事業継続・生活確保を支える社会の礎としての責任を果たして参る所存です。

コロナ禍における健康への脅威や少子・高齢化への対応、そして、急速に進展する社会のデジタル化や脱炭素社会の実現に向けた取り組みは、私たち金融業界も含めた産業構造や社会経済に変革をもたらし、次なる大きな成長へと繋がっていきます。

全てのステークホルダーの皆様が課題を乗り越え、持続可能な未来、新たなステージへと進む時、その思いを叶えるチカラになること、そのために全力を尽くすこと、それは今後も変わらない私たちのパーパス(存在意義)です。MUFGグループでは、「世界が進むチカラになる。」というパーパスを掲げ、これを実現する新たな中期経営計画を4月よりスタートさせました。スピード重視で事業モデルの変革を進めます。そして、皆様の課題解決に貢献し、未来を切り拓く強い銀行を目指して進んで参ります。

求人情報

職種
サステナブルビジネスの推進
ポジション
上席調査役、調査役、ほか
配属部署
サステナブルビジネス部
採用人数
おすすめ年齢
20代
30代
40代
50代以上
年収イメージ
経験・能力を考慮の上、当社規定により決定します(イメージ 〜1,500万円)
仕事内容
【業務内容】
当行のサステナブルビジネス推進におけるグローバルのハブとなるサステナブルビジネス部にて、ご経験に応じ以下のような業務をご担当いただく予定。
・マーケット調査、社会ニーズ把握、新ビジネスの創出(研究開発や実証段階などの早期からビジネスに関与)
・サステナブルファイナンス、新商品の開発(ESG ファイナンスをはじめとして、水素やスマートシティなどの新たな分野への取組みを推進)

【募集背景】
サステナブルファイナンスについて全社を挙げて強化していくための増員募集。
(技術的な知識・経験、サステナビリティ関連の詳しい知見を持っている人員の強化)

【全社的な取り組み】
・2021年5月、邦銀初の「MUFGカーボンニュートラル宣言」を公表。2050年までに投融資ポートフォリオの温室効果ガス排出量のネットゼロ、および2030年までに当社自らの温室効果ガス排出量のネットゼロを達成。
・MUFG では、2019 年 5 月にサステナブルファイナンス目標を新設し「2030 年度までに累計35兆円」という意欲的な目標を掲げている。足元までの進捗率は想定以上に順調に進捗しており、特に、再生可能エネルギー関連のプロジェクトファイナンスやその他 ESG ファイナンスが、グローバルに伸長。
・2020 年 9 月に世界初となるリテール向けのコロナ対応型サステナビリティボンドを発行。
・MUFG 独自の取組みとして ESG 経営支援ローンがある。このローンは、企業の ESG への取組みを評価し、一定以上の評価であれば融資を実行する金融商品であり、三菱 UFJ リサーチ&コンサルティング、日本格付研究所と協働して立ち上げを実施。金融機関側の利点として、借入企業の ESG 課題の把握に繋がるほか、企業側においても対外 PR に活用可能であり、最近では、大企業だけでなく、中堅・中小企業向けの実行も増加。
・2021年9月、再エネファンドを設立。再エネ電源の開発から再エネ電力の購入まで一気通貫で行うことにも着手。

【組織】
サステナブルビジネス部:ソリューションプロダクツ部から7月に独立。現状30名強の部署。
(1)企画開発G(マーケット調査、社会ニーズ把握)
新業界でビジネスを組み立てて創出していく業務
(2)業務推進G(サステナブルファイナンス、グローバルなビジネス、新商品の開発)
(3)環境社会リスク管理G(赤道原則等に基づく個別案件のレビューなどを実施)

【サステナブルビジネス部の役割】
経営トップマターとして、社会の潮流変化を捉えて新しいビジネスを創っていく部署。
コーポレートファイナンス、プロジェクトファイナンス・ボンドなど、MUFGの中でもサステナブルファイナンスやっている部署は他にも存在。
当部はフロント部署に対して、ESGやサステナビリティの観点からの顧客向けアドバイザリー機能の提供やビジネス機会創出をサポートするプロダクト部隊として機能していく。

【金融でサステナブルビジネスに関わる醍醐味】
・これからカーボンニュートラル・脱炭素領域が活性化していく中で、金融が果たす役割は大きいといわれている。
・社会にインパクトを与える顧客事業の支援、自社によるビジネス創出に挑戦することができる。

【MUFGの強み】
・日本の金融機関で初のカーボンニュートラル宣言。(自社の排出するものだけでなく、自社の融資も含めて見ていくという宣言。)
・サステナブルファイナンスのグローバルのリーグテーブルで世界2位。
・日本・アジアという非常に大きなマーケットを抱えている点。

【キャリアイメージ例】
・サステナブルファイナンスの推進、ESGに関連するプロダクトやビジネスモデルの企画開発
・MUFGのブランド戦略、融資企画、リスク統括 などにステップアップしていくことも可能。

【働き方】
・8時40分始業、19時~20時に終業(グローバルなディスカッションがある場合は夜に仕事することも時々ある)

《参考記事》第2回 SDGs/ESG 金融に関するワークショップ
「SDGs/ESG 金融に関する金融機関の取組み」の模様
https://www.boj.or.jp/finsys/c_aft/data/aft201222a5.pdf
必要スキル
【必須】
サステナビリティ、ESGの関連分野で一定の経験 がある方。

【尚可】
・海外勤務経験がある方。
・業務遂行に必要な英語力を有する方(TOEIC730点以上)。
※銀行の業務知識・ファイナンスの知識は不問。

【歓迎スキル】
・金融機関でのESG/SDGsに関わる業務経験がある方。
・気候変動に関する国際的な規制・動向に関する知見がある方。
・コンサルでのESG/SDGsに関わる業務経験 がある方。
・行政でのESG/ SDGsに関わる業務経験がある方。
・ESG評価機関におけるESG評価分析および気候変動関連の評価分析に関する知見がある方。
就業場所
東京都
就業形態
正社員
企業概要
日本を代表する大手銀行
休日休暇
完全週休2日制
----------------------
原則、完全週休2日制(土日)、祝日、有給休暇制度あり
待遇
社会保険制度あり
企業PR
●中期経営計画で連結純利益1兆円以上を稼ぐとしている国内最大の金融グループの中核銀行。
●国内収益基盤の強化、グローバル事業の強靭化、環境・社会課題の解決への貢献を重点分野とし、1)DXの加速によるコスト削減及び新たな顧客層の開拓による収益力の強化、2)アユタヤ等の会社子会社やGrab社との連携のような海外企業とのアライアンス等によるグローバル展開、3)ウェルスマネジメントや、サステナビリティ等の法人向けの分野における課題解決型の提案などを強化。
●金融業界以外からの人材獲得にも非常に積極的。
インタビュー
三菱UFJ銀行様のESGインタビューはこちら
https://sdgs.kotora.co.jp/interview/mufg/


組織カテゴリ
備考
応募ありがとうございました。コンサルタントからご連絡します
応募出来ませんでした。恐れ入りますがもう一度やり直してください
お気に入りに登録しました
お気に入りに登録出来ませんでした。恐れ入りますがもう一度やり直してください

企業情報

企業名
株式会社三菱UFJ銀行
住所
東京都 千代田区 丸の内1-4-5
資本金
17,119億円(単体)
設立年月
1919年(大正8年) 8月15日
代表者氏名
取締役頭取執行役員 半沢 淳一
事業内容
MUFGは、2018年7月に、事業本部のセグメンテーションを見直し、銀行・信託銀行・証券がグループ一体運営を推進する体制を構築しました。お客さまとの接点となる事業本部は、日系と非日系、個人・中堅中小企業と大企業にそれぞれの組織を設定し、受託財産と市場を加えた6事業本部制としました。
従業員数
30,554人(2021年3月末現在、単体)
平均勤続年数